エバートンのウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】

写真拡大

 エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの妻コリーンさんは、夫に対して一時的にサッカーから離れることを要求しているという。11日付の英紙『ザ・サン』が独占情報として伝えた。

 ルーニーは今年の夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドから古巣エバートンに復帰。イングランド代表からの引退も表明し、エバートンでのプレーに専念することを宣言したが、その矢先に飲酒運転で逮捕されるという不祥事を起こしてしまった。

 ルーニーはパーティーで知り合った女性を家へ送り届けるため、その女性の車を運転していたところだったという。クラブからは厳重注意を受けたが、現在第4子を妊娠中の妻コリーンさんの怒りも相当なもののようだ。

 コリーンさんはルーニーに対し、「結婚生活を救うため」に、一時的にサッカーを離れて家族との時間を過ごすことを要求しているとのこと。エバートンのロナルド・クーマン監督に対して休暇願いを出すことを望んでいるようだ。

 飲酒運転事件を起こす以前には、ルーニーはエバートンでプレミアリーグ開幕からの2試合連続ゴールを記録し、復調の気配を見せていた。ピッチ外での失態が今後のプレーに影響を及ぼすことになるのだろうか。

text by 編集部