『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督来日 J・G=レヴィットのカメオ出演明かす

写真拡大

 本日9月11日、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のスペシャル・ファンミーティングが東京・TOHO シネマズ六本木ヒルズにて開催され、来日中のライアン・ジョンソン監督が登壇した。

参考:その他の写真はこちら

 2015年12月に公開された、J・J・エイブラムス監督による『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後が描かれる、『スター・ウォーズ』シリーズ最新作となる本作。未だ謎のベールに包まれている本作について、メガホンをとったジョンソン監督自らが語るというイベントだけあって、会場にはコスプレ姿のファンや多くのマスコミが駆けつけた。

 司会のサッシャとDJ TAROによる紹介で観客の前に登場したジョンソン監督は、開口一番、「ごめんなさい。私は日本語が話せません。けど頑張っています」と日本語で挨拶。12月15日の全国公開まで約3ヶ月に迫った本作。作品がすでに完成しているかどうかを問われると、ジョンソン監督は「もうほとんど完成しているんだ。ロサンゼルスに帰って、あと何日か作業をしたら完成だね」とギリギリまで作業をしていることを明かす。すると、「携帯電話の中に映像があるから今から観せようか?」とジョークを飛ばし会場を湧かせる。

 今回のような監督が登壇するファンミーティングが行われるのはここ日本だけ。ジョンソン監督は「君たちには優先権があるからね。映画はどうでもよくて、日本に来たかったんだ(笑)」とリップサービスを交えると、観客からは喜びの歓声が上がった。

 ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが「台本を読んだ時に予想しなかったことがたくさんあった」、レイ役のデイジー・リドリーが「観客が驚くはず」と語るなど、様々な驚きがあることがほのめかされている本作。その驚きについて、司会のサッシャが言える範囲で教えてくださいとお願いすると、ジョンソン監督は「言ってしまったらサプライズにならないからね(笑)」と語りつつ、「マークやデイジーをはじめ、ほかのキャストも脚本を読んでそういうことを感じてくれたんだ。それは自分としてはすごく嬉しいこと。物語の最初の観客は演じる役者たちで、キャラクターのことを誰よりも知っているのも彼らだからね。でもサプライズといっても、ただ驚かせるためではなくて、物語の中で自然と起こるサプライズで、腑に落ちるものになっている」と明かした。

 そのサプライズについては、マスコミから『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』で描かれた、ダース・ベイダーが実はルークの父親だったというぐらいの衝撃的なサプライズになるのかという質問も。ジョンソン監督は笑いながら、「あれは映画史有数のサプライズだったからね……もちろん期待してもらっていいよ(笑)」と冗談気味に語りながら、「脚本を書いている時に、あれほどのサプライズを自ら作り出そうというような気持ちでいないほうがいいと思った。驚かせてやろうというような気持ちで脚本を書いてしまうと、結果的にあまり良くないものになると思ったからね」と、サプライズは狙って生み出したものではないと断言。

 レイがどのようにフォースを身につけていくのかという質問に対しては、「それは今回の映画のメインの話になる。それに、僕がレイというキャラクターに最もワクワクする部分でもあるんだ。僕は小さい頃からルークが大好きで、ヒーローとして憧れていた。考えてみれば、『スター・ウォーズ』はどの物語も大人に成長していき、世界の中で自分の居場所を見つける物語だと思う。ルークとはまた違う形で、レイにもそういう道のりが待っている」とレイの物語の重要性についても言及。「レイがダークサイドに堕ちるのでは?」という質問に対しては、笑いながら「ジェダイのトリックは僕には通用しないよ」とうまく質問をかわした。

 アダム・ドライバー演じるカイロ・レンについては、「カイロ・レンは実は僕が『フォースの覚醒』にハマった理由のひとつ。J・J(・エイブラムス)が作り出したこのキャラクターはとても複雑で、たくさんの層から成り立っている。弱さがあって、どこか子供のような、まだ大人になりきれていない側面もある。それは脚本を書いていて楽しかった部分でもある」と話した。

 マスコミからは「何かひとつでも構わないのでこの場で初めて解禁する情報を」というお願いも。すると、ジョンソン監督はじっくりと考え込み、「プロデューサーがダメだと首を振っている(笑)」とプロデューサーの顔を伺いながら、「これは言っても大丈夫だと思うんだけど、仲の良い友人で、『LOOPER/ルーパー』にも出演してもらったジョセフ・ゴードン・レヴィッドが、エイリアンの声でカメオ出演しているんだ。ほんのちょっとだけだけど、よく聞いてみたらわかるかも」と未発表の情報を初めて明かした。

 ファンからの質問タイムに突入すると、会場にはBB-8が登場。そんななか、昨年末に亡くなったキャリー・フィッシャーについての質問が飛ぶと、ジョンソン監督は「彼女と出会えたことはすべての体験の中でのハイライトだった。彼女が亡くなってしまって本当に悲しい。だけど、少しだったかもしれないけど時間を共有できたことに本当に感謝している」と、フィッシャーへの思いを語る。続けて、「最後に会ったのは彼女の60歳の誕生日だったんだ。その時に、いかにこの映画の体験が素晴らしかったか、そして映画をすごく楽しみにしてくれていることを話してくれた。彼女は作品を早く観たいと楽しみにしてくれていたけど、実際に作品を観せることができなかったのは残念。ひとりのファンとして、そして彼女を実際に知っていた人間として、世界中の皆さんがどれだけ喪失感を感じているのかは理解している。だから、彼女がこの作品で美しいパフォーマンスをしてくれたこと、それが残っていることは心からよかったと思ってる。彼女に『さよなら』と声をかけらなかったすべてのファンの人たちにとっても意味深い体験になれば」と話し、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

 また、先日『エピソード9』のコリン・トレヴォロウ監督が降板したことについての質問も。『最後のジェダイ』に続いて『エピソード9』でも監督を務める可能性については、「もともと計画されていたことではないし、僕自身はどうなるかは知らない」と回答。「『最後のジェダイ』を作ることに100%集中していたし、その体験を十分に謳歌して、いまはみんながどう観てくれるかが楽しみで仕方ないんだ。だから『エピソード9』の監督になることは正直考えられない。ただ、誰が監督になろうと、僕はひとりの観客として、次の監督が『スター・ウォーズ』にどんな新しい色をもたらせてくれるか、どんなストーリーになって結末を迎えるのか、ファンに戻ってまた観られることを楽しみにしている」と、『エピソード9』はファンとして楽しみにしていることを明かした。

 ファンからの最後の質問で、「『フォースの覚醒』の時にハン・ソロの身に起きたことのショックで、40℃の熱を出してしまいました。かなりの衝撃作という今回の作品、私は劇場に観にいっても大丈夫でしょうか?」と聞かれたジョンソン監督は、大爆笑しながら「君を殺してしまわないか心配だよ(笑)。劇場にアイスパックを持っていってね」と答え、ふたたび会場を笑わせた。

 終盤には、『スター・ウォーズ』ファンである尾上松也と河北麻友子、そして『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、C-3POとR2-D2も登場し、ファンミーティングは大盛り上がりで幕を閉じた。(宮川翔)