クリスティアーノ・ロナウドのために「NIKE(ナイキ)」が送りだしたサッカースパイク「MERCURIAL(マーキュリアル)」。ロナウドやズラタン・イブラヒモヴィッチらのプレーを足元から支えた同モデルは、ナイキ最速のサッカースパイクといわれています。まさに、ナイキのサッカースパイクを代表するフラッグシップモデルといっても過言ではないでしょう。

 

そんなマーキュリアルをベースに、普段履き用のスニーカーとして生まれ変わったのが「ZOOM MERCURIAL(ズーム マーキュリアル)」です。フライニットアッパーとズームエアーを採用したことで軽量性とクッション性が向上し、快適な履き心地をもたらすモデルに仕上がっています。ということで、サッカースパイクの名作がどのように生まれ変わったのか、 早速見て行きましょう!

 

ソックスタイプの原点を現代風にアレンジ!

フライニットアッパーを搭載しているので、フィット感は抜群。つま先に配された特大サイズのスウッシュマークもインパクトがありますね!

 

いまでは様々なブランドからソックスタイプのスニーカーが発売されていますが、最初に登場したのはマーキュリアルなんです。しかも、サッカースパイクからというのも意外ですよね?

 

ヒールの部分がスムースレザーに切替えられているのも大きなポイント。デザインのアクセントになるだけでなく、しっかりとした安定感も確保しています。

 

アウトソールはスパイクから耐久性に優れたラバー素材にアレンジ。どんな路面でも優れたトラクションを発揮してくれます。

 

サッカースパイクをスニーカーにアレンジした例は、いままで聞いたことがありません。バスケットボールシューズやコートシューズならそのまんま普段履きとしても使えますが、サッカースパイクはちょっと難しいですよね。そんなこともあって、今作のようなアレンジはサッカーファンにはたまらないはず! 暑さも和らいできたことですし、ソックスタイプのスニーカーをお探しの人はぜひ試してみてください。

 

ナイキ ズーム マーキュリアル XI フライニット

2万1600円

ロナウドのためにデザインされたサッカースパイクをベースに、普段使い用のスニーカーへとアレンジした一足。羽のように軽量で足の形状にぴったりとフィットする、ほぼ継ぎ目のないアッパーを搭載しています。