@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

もくじ

ーシロン 41.96秒のワールドレコード
ーモントーヤ 簡単すぎて驚き
ーブガッティ、次の挑戦も計画中

シロン 41.96秒のワールドレコード


最高出力1500psのスーパーカー、ブガッティ・シロンが、世界記録を達成した。

車両停止から時速400km/hまで加速。その後、減速をして停車をする。いわゆる、「0-400-0km/h加減速」を、なんと42秒(41.96秒)で成し遂げたのだ。

これは、プロダクションモデルの公式記録としては、史上最速のレコードとなり、シロンは一連の動作を、わずか3.112kmの距離で達成した。
 

モントーヤ 簡単すぎて驚き


ワールドレコード・アタックを担当したのは、ファン・パブロ・モントーヤである。

F1のモナコ・グランプリの優勝経験があり、インディ500を2度、デイトナ24時間を3度制した文句なしの腕前を持つドライバーだ。世界記録をレコードしたあとのコメントも、なかなか味わい深い。


「信じられないことに、0-400-0アタックをするのに、このクルマは何も手間のかかる準備が必要ないんだ。シロンなら、“乗り込んで走り出す” だけで簡単だよ。まったく素晴らしいね」
 

ブガッティ、次の挑戦も計画中


シロンは、限定生産500台のスーパースポーツカーで、すでに300台が販売されている。

モントーヤは、フランクフルト・モーターショーでブガッティが開催するプレスカンファレンスにも登壇する予定だ。


なおブガッティは、新たなワールド・スピード・レコードへの挑戦を、2018年に実施することを計画している。同社は、2010年にヴェイロン16.4スーパースポーツで、最高速度431.072km/hを記録した。