ソブヒ国防相(左)と握手する宋国防部長官=11日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は11日、ソウルでエジプトのソブヒ国防相と会談した。韓国国防部によると両国の国防相会談は今回が初めて。両国は3月に国防協力に関する了解覚書(MOU)を締結した。

 宋長官はこの席で北朝鮮の6回目の核実験実施や弾道ミサイル発射など、朝鮮半島の安全保障状況を説明し、エジプトが対北朝鮮制裁に向けた国際社会の協力に積極的に加わるよう求めた。

 ソブヒ氏は「エジプトは北朝鮮とすべての軍事協力を断絶している」とし「国際社会の平和と安定を脅かす北朝鮮の行為に対し、韓国と積極的に協調していく」と応じた。

 また両氏は防衛産業・軍需協力の活性化、軍高官の交流拡大、軍事教育の交流拡大など国防協力の拡大についても緊密に協議した。

 特にソブヒ氏は韓国との国防協力強化に向けた努力の一環として、韓国駐在武官のための事務所を来月ソウルに開設する予定と説明した。