米デビュー戦で6度目の防衛に成功した井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

「本当の輝きを放った新星」…衝撃の米デビューで王者シーサケットと激突に期待の声

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で衝撃的な圧勝を飾ったが、海外メディアではWBC同級タイトルマッチで世界1位の英雄ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)を圧倒した王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)を「視界に捉えた」と報じられ、評価を一気に高めている。

 井上が王座を防衛した日、もう一つの衝撃がボクシング界に走った。井上が防衛したリングで、シーサケットが圧巻の強さを披露。3月の前回対戦では僅差の判定勝ちとなったタイのファイターは元4階級制覇の猛者ゴンザレスを4回TKOで打ち破った。

 スペイン地元紙「AS」はゴンザレス敗戦を特集。「レジェンドが床で動けなかった。2度目の敗北。今回は議論の余地はない。かつての王者には困難な未来が待っている」と報じる一方、この夜に一気に名声を高めた日本人の存在を紹介している。

「メキシコ人のエストラーダはタイ王者への正式な挑戦者候補になったが、本当の輝きを放ったのはボクシングのメッカデビューの新星だった。ナオヤ・イノウエだ。24歳の日本人は世界戦に8回登場。13勝0敗で11KOだ。恐ろしい」

大きな爪痕を残したニエベス戦に絶賛「日本人は苦にもしなかった」

 記事では「Naoya Inoue」がカリフォルニアで残した爪痕の大きさをこう報じている。

「彼はアメリカ人のアントニオ・ニエベス相手に実力を証明しなければいけなかった。そして、日本人は苦にもしなかった。出だしから自分のボクシングを見せつけた。スピードと強引さこそが彼の主だった武器だ」

 ニエベスを圧倒する井上の強さを絶賛。そして、衝撃的な米デビュー戦でアメリカでのスターダムの道を開いたという。

「日本人は雄叫びをあげた。そして、アメリカの大きな扉を開けた。今では大勝負が期待される。ソールンビサイを視界に捉えているのだ」と分析している。

 世界で高まり続ける井上の評価。ロマゴンを圧倒したタイ人王者とのタイトルマッチが待望されるほど、日本の24歳は海外メディアにも認められている。