米フロリダ州マイアミで、大型ハリケーン「イルマ」により横転したトラック(2017年9月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】大型ハリケーン「イルマ(Irma)」が上陸した米フロリダ(Florida)州では11日までに、クレーンの転倒や道路の冠水、住民数百万人に停電の影響が出るなどの被害が発生している。勢力は5段階のうち一番下の「カテゴリー1」に弱まったものの、イルマが北上している同州南西沿岸では依然、危険な状況が続いている。

 イルマの上陸を前に、フロリダ半島では史上最大規模となる住民600万人以上に避難命令が出され、広範囲にわたって波浪警報も発令された。

 現地時間11日午前2時(日本時間同日午後3時)現在、イルマは最大風速およそ38メートルの勢力にまで弱まっており、同日中にフロリダ州北部からジョージア(Georgia)州南部へと抜け、熱帯性低気圧に変わるものと予想されている。

 イルマは進路を北西方向に取っていたことから、フロリダ州タンパ(Tampa)方面へ進むとみられていたため、住民300万人の約半数が海抜約3メートル以下の地域で暮らす同市には緊張が走った。

 また、マイアミ(Miami)中心部にある沿岸の遊歩道、ブリッケル通り(Brickell Avenue)では道路が冠水し、あふれた水で多くの車が車高の半分の高さまで水没した。

【翻訳編集】AFPBB News