元全日本女子監督の眞鍋政義氏【写真:編集部】

写真拡大

「一致団結した時、1の力が30にも、40にも、50にもなる」…女子特有の結束力

 球技の中で唯一、ボールを落としていけないスポーツであるバレーボール。コートに立つ6人が想いを込めてつなぎ、得点が入れば全員が集まって笑顔で喜びを分かち合い、ミスを犯せば励まし合って立て直す。そんな一体感が凝縮された光景に、胸を熱くさせられた経験が一度はあるのではないだろうか。

 なぜ、バレーボールは人の心を動かすのか。その魅力とは――。

「バレーボールは団体スポーツですけど、やはり各々の個性が強くなければ勝てません。個性と意志が強く、目標をガツンと持っている選手たちが集まって一致団結した時、目に見えない力を発揮するんです。特に女子バレーは」

 そう答えてくれたのは、元全日本女子監督の眞鍋政義氏だ。現役時代は名セッターとして活躍し、引退後は2008年12月に全日本女子監督へ。データを駆使した「IDバレー」で2010年の世界選手権で32年ぶりのメダル、12年のロンドン五輪では28年ぶりの銅メダルをもたらした名将はこう話す。

「男子は比較的まとまりが早く、1の力が10、20になります。一方で、女子は気が強い選手が多いこともあってまとまるまでに少し時間はかかりますが(笑)、一致団結した時には1の力が10、20を超えて、30にも、40にも、50にもなる。男子にはない女子特有の結束力が、とてつもないパワーを生み出すんです」

2012年のロンドン五輪…「データには一切表れない」無限の可能性を証明

 そんな“奇跡”と言ってもいい、無限の可能性を示した代表例が、ロンドン五輪である。

「我々のデータには一切表れません。本当に不思議ですよね。でも、これがチームスポーツ、女子バレーです」

 眞鍋氏がそう口を開いたのは、9月2日のこと。大塚製薬が企画し、バレーボール、サッカー、バスケットボール、柔道、テニス、バドミントンを通じて全国170校の部活生を応援する「ポカリスエット エールキャラバン」の一環で東海大高輪台高を訪問した際、全校生徒を対象とした講演の中でひとつのエピソードを明かした。

 今から遡ること5年。ロンドン五輪開幕を一か月後に控え、眞鍋氏はある決断を迫られていた。世界の舞台に送り出す12人の選出である。熟考に熟考を重ねた末、名将がメンバーから外したのは、ウイングスパイカーの石田瑞穂(当時・久光製薬/現デンソー)だった。

「石田は毎日、一番早く練習に来て、雑用も率先してやってくれました。練習中には一番声を出してくれるムードメーカーです。約3年半、最後まで頑張ってくれましたが、仕方なくメンバーから外しました。なぜか? ルールだからです。最後の1人、本当に悩みました」

 厳しい競争の世界、ましてや五輪への切符を手にできるのはわずか12人しかいない。生き残る者がいれば、当然脱落する者もいる。石田の努力を間近で見てきた選手たちはそんな厳しい現実を受け入れつつも、一つの提案を監督に申し入れたという。

「選手全員から『石田と一緒にオリンピックに行きたい』と言われました。バレーボールはチームスポーツ、夢は一人では叶えられない。最初、本人は嫌がりましたけど、『13番目の選手として連れていきたい』と説得して、ロンドンに来てもらいました」

夢が叶わなかった仲間のために…強固な一枚岩となり28年ぶりの銅メダルを獲得

 チームへの帯同が決まった石田は、選手としてコートに立てなくとも、みんなと一緒に最後まで頑張ろうと仲間のサポートにあたっていた。しかし、彼女はロンドン五輪開幕日に母親が危篤という知らせを受け、緊急帰国することになる。決戦の地で直面した“13番目の選手”の離脱。ともすれば、チームに動揺が走りかねないショッキングな出来事だが、五輪で一緒に戦う夢が叶わなかった石田のためにという想いがチームの結束力を高め、12人のメンバーとスタッフをより強固な一枚岩にしたという。

「その時に石田が着けていた背番号が13番でした。だから、我々はベンチの端にユニホームを置いて、選手、スタッフ全員がその13番に触れてからコートに入りました。そしてオリンピック最終日、迫田は自分のユニホームの下に親友である石田の13番を着て試合をしたんです。今のユニホームはタイトなので、2枚着たら動きづらくて普通だったらアタックなんて打てませんよ」

 迫田さおり(当時・東レ/17年5月に現役引退を表明)は、石田とは同級生で親友という間柄だ。眞鍋氏は勝てば銅メダル、負ければ4位という3位決定戦の韓国戦に迫田の先発起用を決断した。迫田は両チーム最多の23得点(スパイク決定率50%)と爆発。最後は相手に崩されながらも佐野優子(当時イトゥサチ)、竹下佳江(当時JT)がつないだボールを渾身のスパイクで韓国のブロックを弾き飛ばし、宿命のライバルを3-0で破って1984年のロサンゼルス大会以来となる銅メダルを獲得した。

眞鍋氏がプレーヤーに求めるのは…相手を思いやり、気持ちを一つにすること

 会場のみならず、日本、そして世界を感動に包んだ2012年8月11日のことは、今でも脳裏に鮮明に焼き付いていると眞鍋氏は語る。

「8月11日、迫田は過去最高のアタック決定率でした。もっと言えば、マッチポイントが彼女に回ってくるんです。最後の最後、迫田が決めて28年ぶりの銅メダル。これがチームスポーツ、そして女子バレーの力だと思います」

 バレーの見えざる力に関する逸話に、生徒たちも食い入るように耳を傾け、聞き入っていた。ロンドン大会を含めて五輪で2度指揮を執り、現在は生まれ故郷の兵庫県姫路市を拠点とするクラブチーム「ヴィクトリーナ姫路」でゼネラルマネージャーを務める眞鍋氏が改めて説いたのは、相手のことを思い、「気持ちを一つにする」ことだ。

「バレーは助け合いであり、思いやりのスポーツです。1人目が失敗したら2人目がカバー、2人目が失敗したら3人目がカバーする。最後にアタックする時には、残りの5人がブロックやはね返りをフォローする。普通にパスをするのと、愛情を持ってパスをするのとではまったく違います。相手の気持ちになってプレーすれば、必ず良い方向に向かうはずです」

 現在、全日本女子「火の鳥NIPPON」は、中田久美新監督の下、2020年の東京オリンピックへ向け、新たなチーム作りを進めている。56年ぶりに日本で行われる4年に一度の祭典で快進撃を見せ、悲願の金メダルを獲得できるか。これから描かれていく女子バレーの新たなストーリーからも目が離せない。