「大西洋史上最強」と言われたハリケーン「イルマ」は米東部時間10日、米南部フロリダ半島を縦断した。11日朝にはハリケーンより勢力の弱い「トロピカル・ストーム」に変わった。30人近い犠牲を出したカリブ諸国では、各国が救助や治安維持のために部隊を派遣するなど、ようやく支援が始まった。

 イルマは10日朝、勢力が5段階で上から2番目の「カテゴリー4」のまま南部のフロリダキーズ諸島に上陸、3メートルの高潮を記録した。マイアミなど海岸沿いの主要都市も市街地が水につかった。通過したフロリダ州では640万人以上に避難命令が出て、450万世帯以上が停電した。

 同州のスコット知事は10日、FOXテレビに出演し、「これまで経験したことのないハリケーンだ。フロリダの人々のために祈って欲しい」と話した。また、トランプ米大統領は近くフロリダを訪問することを明らかにした。