「日本シンクロ界の母」と呼ばれ、指導した各国で計13個もの五輪メダルを獲得という輝かしい実績を持つ井村雅代さん。厳しい指導でも知られる井村さんですが、今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、そんな井村さんの「叱り方のコツ」を紹介しています。

井村雅代流 人の育て方

試合が終わった時に、やっぱりこの先生についてきてよかったと言わせたい。いつもそう思いながら指導しています。

この頃は特に、この子たちの人生の大切なひと時を預かっているんだと強く思うようになりました。自分の導き方一つで全く違う人生を辿ることになる。だから一人ひとりの人生を大事にすること。それは特に心掛けています。

ですから日々の練習では、一つでもいいから絶対に上手にして帰らせようという思いで指導するんです。しんどいだけで終わらせてはいけない。何か一つでも進化した自分を体験させてやろうと。

選手を叱る際に心掛けていること

叱る裏には責任があります。それはしっかり自覚しなければいけません。私もできることなら褒めて勝たせたいですよ。でも残念ながら難しい。褒めたらその子は、これくらいでいいんだって思い込んでしまうんです。

NGを出して、もっともっとってさらに上を求めるのは、その子の可能性を信じているからなんです。この子たち一人ひとりにものすごい可能性がある。私はそう信じているんですよ。

もちろん、たまには褒めたいって思うこともありますよ。それでリオ五輪の時、決勝前の練習でちょっと褒めたらデレデレ緩んできたんです。これはあかん! と思ってまた叱りましたけど、最後までそんなことを繰り返していましたね。

やっぱり人というのは、追い込まれて追い込まれて、もっともっとって求められるところから、本当の力って出るんじゃないでしょうかね。

叱るコツは三つあると私は考えます。一つは現行犯で叱ること。二つ目が直す方法を教えること。三つ目がそれでOKかNGかをハッキリ伝えることです。そこまでやらないなら叱ってはダメ。それは無責任です。

選手に嫌われても構わない

だから余計に、すべてが終わった後に「この先生についてきてよかった」って言わせたいんです。

だってその選手を指導するっていうのは、これ運命的な出会いですよね。だからなおさら「この人に教えてもらってよかった」と言わせたいんです。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!