画像

写真拡大 (全3枚)

 ディー・エヌ・エーとヤマト運輸は、2017年4月17日より神奈川県藤沢市の一部地域で行っている「ロボネコヤマト」の実用実験について、9月11日から同サービスの対象エリアを神奈川県藤沢市の一部地域から辻堂地区まで拡大した。

 ディー・エヌ・エーとヤマト運輸は、9月11日、両社が2017年4月17日から実施している「ロボネコヤマト」の実用実験における対象エリアの拡大を実施した。

 「ロボネコヤマト」は、車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用し、AIによる配送ルートの最適化を行うことで、配達の時間帯を10分刻みで指定できるサービス。同サービスには、宅配便を受け取る時間と場所を指定できるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、買物代行サービス「ロボネコストア」の2つのサービスが含まれている。

 両社は今回、神奈川県藤沢市の一部地域に加え、辻堂元町、辻堂太平台、辻堂、辻堂西海岸の4地区を同サービスの対象エリアに追加。これにより、約61,000人の住民がサービスの対象者となる。

 両社は、2018年3月末までの実用実験中に広く多様な意見を集め、引き続き同サービスの社会受容性を検証していく。

MarkeZine編集部[著]