貴景勝が突き倒しで宇良に勝つ。この取り組みによって右脚を痛め車いすで運ばれる宇良=東京・両国国技館(撮影・戸加里真司)

写真拡大 (全3枚)

 大相撲秋場所2日目(11日、東京・両国国技館)平幕宇良(25)が平幕貴景勝(21)に突き倒され、土がついた。土俵際で粘った際、名古屋場所で痛めた右膝で踏ん張れず。崩れるように倒れ取組後は呼び出しと世話人の肩を借り、自力で歩けないまま、車いすで花道を引き揚げた。

 宇良は名古屋場所で横綱日馬富士から初金星を挙げるなど活躍したが、右膝を痛めた10日目の大関高安戦からの5連敗が響き、7勝8敗で負け越し。夏巡業もすぐに離脱し、今場所に向けた稽古も明らかに不足していた。