ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP決勝、神懸かり的な驚異的スピンにファン感嘆「これがラファの魔法だ」

 テニスの全米オープンは10日(日本時間11日)、男子シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-3、6-3、6-4のストレートで下し、4年ぶり3度目の優勝。四大大会16度目の制覇となったスペインの至宝がファンを最も沸かせたのは、驚異的なスピンで決めたリターンエースだった。大会公式ツイッターは「風があったの? それともラファのスピンなの?」と動画付きで紹介し、ファンから「これがラファの魔法だ」と感嘆が続出している。

 その瞬間、コートに神風を呼び込んだようだった。そのくらい、ナダルのショットは時を止めたかのように優雅に美しく、炸裂した。

 第1セット。アンダーソンのサービスだった。幼少期から知る盟友がクロス方向に強烈なサーブを放った。すると、ベースライン約2メートル後方に構えていたナダルは反応。利き手の左手一本でバックハンドを返し、ほぼ後ろを向くような体勢で返した。すると、次の瞬間、信じられないようなショットとなった。

 驚異的なスピンをかけ、急にスローモーションになったかのようにゆったりとしたリターンは、形勢優位と見て前進していたアンダーソンをあざ笑うかのように、ベースラインいっぱいのコーナーに決まった。

 観衆は何が起こったのか理解するのに一瞬遅れたのか、やや遅れてどよめきの声を上げ、しかし、当のナダルは試合序盤で、当然と言わんばかりの表情を浮かべていた。

 神懸かり的なリターンエースに大会公式も驚いた。「風があったの? それともラファのスピンなの?」と公式ツイッターに動画付きで速報し、映像を見たファンから仰天の声が続々と上がった。

ファン仰天の声続々「ハリケーン・ラファ」「なんて凄まじい野獣なんだ」

「おいおい、なんてアメージングなショットなんだ。彼がNo.1であることに疑いの余地がない」

「ラファが風を巻き起こしたのさ」

「ハリケーン・ラファ」

「圧倒的スピン炸裂」

「ラファこそ天才だ」

「なんて凄まじい野獣なんだ」

「アンダーソン、ご無事を…」

「これがラファの魔法だ。我々は何度もこのような場面を見てきた。ロジャー・フェデラーに聞くのが一番だ、彼は誰よりもうまく説明できることだろう」

 このように感嘆の嵐を呼び、なかには一番こんなショットを受けてきたであろう盟友フェデラーに意見を聞くのが最適だという声すら飛び出した。

 試合は見事にストレート勝ちで全仏オープンに続き、グランドスラム今季2冠を達成したナダル。その中で魔法をかけたかのような名手のテクニックは際立っていた。