アルカ 日本語で歌う坂本龍一「async」のリミックス・ワーク公開

写真拡大

 アルカが、坂本龍一の最新アルバム『async』のタイトルトラック「async」のリミックス・ワークを公開した。

 ビョークやFKAツイッグス等のプロデューサーとしても知られ、今年XL Recordingsからサード・アルバム『Arca』リリース、初出演となったフジロックでは、ヴィジュアル・アーティスト、ジェシー・カンダを伴ったAVセットも話題になったほか、ビョークのステージにも上がるなど、ますます注目を集めるアルカ。公開した「async」のリミックス・ワークでは、『Arca』でも全面に打ち出された自身の歌声が披露されており、日本語の歌詞が歌われている。

 なお、同楽曲はワンオートリックス・ポイント・ネヴァーが手がけた「Andata(Oneohtrix Point Never Rework)」、アルヴァ・ノトによる「disintegration(Alva Noto Remodel)」、エレクトリック・ユースによる「andata(Electric Youth Remix)」に続いて公開された坂本龍一のリミックス・ワークだが、その他、コーネリアス、ヨハン・ヨハンソン、モーション・グラフィックス、エレクトリック・ユースなどの参加が明かされている。


◎動画
■async - Arca Remix (async Remodels)
https://youtu.be/aKxPhAb6OMA
■Andata (Oneohtrix Point Never Rework)
https://youtu.be/G0p647mDqT0
■andata (Electric Youth Remix)
https://youtu.be/6g9LEBYJ1oU
■disintegration (Alva Noto Remodel)
https://youtu.be/sxZ9AwIPDa4

◎リリース情報
アルバム『Arca』
2017/04/07 RELEASE
XLCDJ834 / 2,200円(tax out)
国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録 / 解説書封入