今回は、飲み会や合コンでも使えそうな、
「気になる男子に話しかけられるきっかけの作りかた」に迫ります。

お話は、夜ごと、話すきっかけを作るのがお仕事のOL兼キャバ嬢のみなさんにお聞きしました。
さっそくご紹介しましょう!

1:笑顔で「こんばんは」

「笑顔でこんばんはと言えば、たいていの男子は話しかけてきます」

たしかに、このテク1つで十分なのかもしれません。
話をするきっかけをつかむまで、男子だって緊張しているわけですから、
笑顔でこんばんはだけで、緊張がほぐれて、あとの話題は男子のほうが振ってくる……
こういうパターンも飲み会では多いかと思います。

2:ライターを探すふりをする

「あたし、タバコを吸うんですが、喫煙所でイケメンの前でライターを探すふりをしました。
ちゃんとライターを貸してくれたし、交際するまでになりましたよ」(22歳・モデル)

タバコを吸う女子は、このテク、かなり使えると思います。
喫煙場所って、タバコを吸う以外にやることがないので、男子、暇なんです。

3:書類を落とす

「自動車教習所の待合室みたいなところで、
かっこいい男子がいたので、彼の前で書類を落としてみました。
彼、拾ってくれて、そこから話をするようになって、今付き合っています」(24歳・メーカー)

あざといけど「あり」でしょうね。
思えば自動車教習所って、恋のきっかけをゲットするところなのか? と思うくらい、
こういうきっかけにあふれていませんでしたか?

4:遠くからチラ見する

「飲み会で、遠くに座っている男子をチラ見し続けていたら、
彼のほうから話しかけてきた……こんなのしょっちゅうです」(21歳・大学生)

この女子は、高校生のころから、教室で気になる男子をチラ見し続けていたそうです。
退屈な数学の授業中に、チラ見をすることで彼氏をゲットして、高校を卒業したということです。
いろんな人生があります。

おわりに

いかがでしたか?

話しかけられるきっかけを作ることすら、緊張してうまくできないという女子は、
以下のことを知っておくといいかと思います。

話のきっかけを作るまで、男だってしっかり緊張している、ということです。