米デビュー戦で6度目の防衛に成功した井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

米中継局がハイライト公開、称賛続出「ネクスト・パッキャオの登場」「パンチはまさにショットガン」

 ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。衝撃の米デビュー戦を中継した米ケーブルテレビ局「HBO」はYoutubeで試合のハイライトを公開し、世界のファンから「『モンスター』というニックネームがすべてを物語っている」「ネクスト・パッキャオの登場だ」などと称賛がやまずにいる。

 井上のV6の衝撃はいまだやまないようだ。試合を中継した米ケーブルテレビ局「HBO」は、アントニオ・ニエベス(米国)戦で圧巻のTKO勝ちからしばらくして、Youtubeでハイライト動画を公開した。

 映像ではゴング前から睨み合い、激しく火花を散らした2人。試合が始まると井上がラッシュを仕掛け、強烈な左ボディでダウンを奪った。さらに、防戦一方でガードを固めたニエベスに対し、両手を広げ、「攻めてこいよ」と言わんばかりに挑発。そして、最後は6回TKOを飾り、リング上で誇らしくガッツポーズを決めた。

 今見ても衝撃と興奮が蘇ってくるシーンを振り返り、動画を見た世界のファンも驚嘆の声を続々と挙げている。

ファン賛辞の嵐「この男は本物のモンスター」「これはもはや一種のパニックだ」

「彼の“モンスター”というニックネームが全てを物語っている…」

「素晴らしいショーだったぞ、イノウエ! 君は世界の舞台に立つアジアの希望だ!」

「ネクスト・パッキャオの登場だ……思えば、パッキャオもこのウェイトからスタートしたんだったよな」

「イノウエこそ次なるスーパースターだ」

「昨夜、アジアが世界に牙を向いた」

「アジアの誇りだ!」

「そのパンチはまさにショットガン」

「この男は本物のモンスターじゃないか」

「これはもはや一種のパニックだ」

 このように、世界のファンから賛辞の嵐となっていた井上。海外メディアにも数多く称賛を受けていたが、一夜明けても、衝撃的な勝利の興奮は収まっていないようだ。