GK権田修一は10日の仙台戦で負傷退場していた

写真拡大

[故障者情報]

 サガン鳥栖のGK権田修一がツイッター(@gonchan20)を更新し、退院を報告した。

 10日の仙台戦に先発した権田は前半11分のプレー、クロスボールに飛び出した際にFW石原直樹と交錯。石原の膝と権田の頭部が激しく接触した。

 権田にはその場で治療が施されたが、前半20分で負傷交代。その後、病院に搬送されていた。

 マッシモ・フィッカデンティ監督も「大きな怪我ではないことを願っている」と話すなど容態が心配されたが、翌日の11日にツイッターを更新した権田は「応援してくれてる皆さん。ご心配かけました。今朝退院しました。1日でも早くピッチに戻れるようチャレンジしていきたいと思います」と報告。

 また権田がピッチを離れる際に権田を励ますコールが起こったことについて、「昨日スタジアムにいた全てのサポーターからの権田コール、とても嬉しかったです。サガン鳥栖サポーターだけでなく、ベガルタ仙台のサポーターの皆さんもありがとうございました!」と感謝を記した。

 またクラブも救急搬送されていた仙台市内の病院を退院したことを発表。今後は鳥栖に戻ってから再び病院を受診。その後の経過を見守るとしている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ