【超WS選定週間ベストイレブン/J1第25節】“神奈川ダービー”勝利の立役者3名が選出! 代表帰りの2選手もノミネート

写真拡大

▽明治安田生命J1リーグ第25節の全9試合が9日、10日にかけて開催された。超WS編集部が第25節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第25節の超WS選定J1週間ベストイレブン

GK:曽ヶ端準

DF:藤谷壮、奈良竜樹、昌子源

MF:大島僚太、ソウザ、古林将太、中村憲剛、ハモン・ロペス

FW:石原直樹、杉本健勇

◆寸評

GK曽ヶ端準(鹿島アントラーズ/3度目)

▽序盤のビッグセーブを筆頭に抜群のショットストップで大宮アルディージャの前に立ちはだかった。FW金崎夢生の値千金の先制弾を死守

DF藤谷壮(ヴィッセル神戸/初)

▽持ち味である縦への推進力で2得点を演出。FWルーカス・ポドルスキとの連携も徐々に上向きに

DF奈良竜樹(川崎フロンターレ/2度目)

▽DF谷口彰悟との好連携で4試合ぶりのクリーンシート。幾度のクロスボールにも冷静に対応して見せた

DF昌子源(鹿島アントラーズ/6度目)

▽帰国直後の一戦にも粘り強いディフェンスとカバーリングで無失点勝利に貢献

MF大島僚太(川崎フロンターレ/4度目)

▽攻守において卓越した技術を披露。自身の今シーズン初ゴールで5試合無失点の守備をこじ開けた

MFソウザ(セレッソ大阪/5度目)

▽安定したボール捌きで周囲に余裕を与えた。正確な左CKから勝利を決定づけるゴールもアシスト

MF古林将太(ベガルタ仙台/初)

▽クロッサーとしての本領を発揮し、3得点に絡む大活躍。豊富なスタミナで右サイドを制圧

MF中村憲剛(川崎フロンターレ/3度目)

▽質の高いスルーパスに加え、積極的なプレスで相手の混乱を招いた。鋭い読みを駆使したボール奪取から3点目をお膳立て

MFハモン・ロペス(柏レイソル/初)

▽今シーズン初ゴールがチームの貴重な先制点に。ダメ押し弾もアシストし、3位浮上の立役者となった

FW石原直樹(ベガルタ仙台/初)

▽優れたゴールへの嗅覚で先制点含む2ゴールをマーク。ゴールラッシュへの口火となった

FW杉本健勇(セレッソ大阪/5度目)

▽高さを生かしたポストプレーや巧みな駆け引きで得点ランクトップタイに躍り出る2得点。代表たる所以を示した