ケビン・アンダーソン、ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

12歳でアンダーソンと対面、大会公式が当時と現在の比較写真掲載「あの時、そして今…」

 テニスの全米オープンは10日(日本時間11日)、男子シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-3、6-3、6-4のストレートで下し、4年ぶり3度目の優勝となった。ともに86年生まれの31歳で、98年のジュニア時代に対面。20年越しの盟友関係の2人を、大会公式ツイッターは当時の2ショットと今大会表彰式の比較動画を掲載。ファンから「人生は美しい」「小さな世界と早大な友情だ」と感激の声が広がっている。

 あの時、2人は若かった。12歳だった少年2人は時を経て、この日、初めて四大大会の決勝で相まみえた。試合はナダルの3-0で完勝。16度目のグランドスラム制覇を果たしたが、スペインの王者にとっても特別な物語のある優勝だった。

 大会公式ツイッターは「あの時、そして今…」とつづり、2枚の写真を動画で紹介している。

 1枚目は少年の写真。ともに白いシャツをまとい、左に白いキャップを被り、控えめに笑う少年、そして右には黒髪で豪快に笑う少年。そして、2枚目に映し出されたのは、左にグリーンのシャツをまとったアンダーソン、右はピンクのシャツを着たナダル。振り返れば、どちらも2人の面影が見て取れる。それは少年時代のアンダーソンとナダルだった。

 2人は98年のシュツットガルト・ジュニア・マスターズで対面していたという。当時12歳。少年時代から競ってきた2人が全米オープン決勝で対戦するという物語に、“奇跡の再現写真”のような動画を見たファンも次々と感激の声を上げていた。

20年越しの盟友との競演にファン感激「ただただ素晴らしい…」

「人生は美しい。ありがとう2人のチャンピオン」

「小さな世界と、壮大な友情だ」

「ただただ素晴らしい…」

「両者からにじみ出る、互いへのアメージングなリスペクト」

「彼らが映し出したようなものがこれからも見られるといいな」

 このように、コメントが続々と投稿されていた。

 試合後に、ナダルは「自分のことを話す前に、話したいことがある。ケビンにおめでとうと言わせてほしいんだ」と真っ先にアンダーソンを祝福し、敗れたアンダーソンも「僕たちは同い年だってことはわかっているけど、僕は君を生涯ずっと見続けているような気がするんだ。実は、君は僕のアイドルなんだよ」と思いを語り、ファンに感動を呼んでいた。

 美しい友情によって結ばれ、一流選手に飛躍した両雄。12歳だった少年の成長の跡は、並んだ2人のしわをたたえた笑顔が物語っていた。