KREVA、【908 FESTIVAL 2017】満員御礼にて終幕

写真拡大

 KREVAが、クレバの日=9月8日に日本武道館にて【908 FESTIVAL 2017】を開催した。

【908 FESTIVAL 2017】写真(全9枚)

 前日の武道館ではKREVAが所属するKICK THE CAN CREWの【復活祭】が開催されたばかりなのだが、約3時間半、途中はほぼ空き時間もなく、ひたすら先鋭的にしてゴージャスなパフォーマンスだけが詰め込まれてゆく一夜になった。

 なぜ、【908 FESTIVAL】にはこれほど巨大な驚きと喜びが渦巻いていなければならないのか。メッセージを染み渡らせるような“居場所”を披露する前に、KREVAはこんなふうに告げていた。「最初は冗談だったんだよな。でも、9月8日はクレバの日って正式に認められて(日本記念日協会認定)、みんなの日になりました。もし、どこにも居場所がないって人がいたら、あそこに懐の深いやつの居場所があるって、教えてあげてください」。

 もはや名コンビとばかりにオープニングからKREVAと揃って登場し、“全速力”でアリーナの通路を駆け抜けてゆく三浦大知。ワイルドで冒険心たっぷりなギタープレイを叩きつけるMIYAVIは、KREVAとのバトルはもちろん、三浦大知とのコラボ曲「Dancing With My Fingers」を惜しげもなく披露する。「兄貴」こと久保田利伸は、KREVAのリクエストに応え、アイズレー・ブラザーズの名ソウルチューン「BETWEEN THE SHEETS」を、バンド+名リズムマシンの最新モデル=TR-08のサウンドに乗せて官能的にカバーしてみせた。

 KREVAにコラボを申し出るAKLOは、「出た、5年連続の一生のお願い」とツッコまれてしまうものの、今回はJAY'EDをパートナーに迎え(この2人はコラボEPをリリースしたばかり)、KREVA『嘘と煩悩』に収録された「想い出の向こう側 feat. AKLO」をプレゼントする。そして【908 FESTIVAL】初出演となる絢香は、豊かな倍音の余韻を残しながら「くればいいのに」のコーラスを歌い上げてオーディエンスの嬌声を誘い、またこの日のためにKREVAとの新曲を作り、二人で完成させたコラボ曲を届ける。彼女らしいタフな反骨精神を宿した、素晴らしいナンバーであった。

 さて、教室のステージセットを用いた「ライミング講座」の場面では、眼鏡をかけた優等生役の三浦大知、ヤンチャなAKLOとJAY'ED、転校生役で真紅のドレスを纏ったままの絢香、用務員コスプレの久保田利伸がノリノリの寸劇を繰り広げ、教材として取り上げられた「ビコーズ」を歌う。声を発していなかった絢香が最後にはマイクを握ってすべてを掻っ攫ってゆくので、興奮すればいいのか笑えばいいのか観る方も大変である。

 KREVAが最新のMIDIコントローラーを用い、弾き語りならぬ「押し語り」で披露するのは三浦大知「Delete My Memories」のカバー。その直後に全編大活躍の三浦大知がステージを任されると、華麗なダンスと伸びやかで力強い歌がフルスロットルだ。しかもその合間には、KREVAやバンドメンバーと身を寄せあうようにして届けられる「Magic Remix」のアコースティックバージョンや、「瞬間speechless」の素晴らしいカバーと、【908 FESTIVAL】ならではのスペシャルなパフォーマンスも盛り込まれてゆく。

 そしていよいよ主役のKREVA。まずは「基準」や「トランキライザー」で自身の表現を開拓し続ける姿勢を打ち出すのだが、「おれ、このイベントの主。言い換えれば王者。でも王者、昨日から働きすぎ」と笑いを誘い、なんと「王者の休日」を絢香と三浦大知にコーラスを任せる究極にラグジュアリーなバージョンで披露。進化し続けるメジャーデビュー曲“音色”では、「最高の音色」として最終コーラスだけを久保田利伸に預けてしまう。「今日は、クレさーん! が、がんばれー!に聞こえるの。すごい嬉しいです」と告げて大合唱を呼びかける鉄板の「Na Na Na」は、まさにオーディエンスの声があればこそ完成する楽曲だろう。

 アンコールは、「ちょっとねー、時間ないんだって! 急いでやるわ!」と大ボリュームの皺寄せを食らう形で少しバタバタしてしまったが、三浦大知曲「Your Love feat. KREVA」にMIYAVIのギターも加わる一期一会のプレイ。そこにAKLOとJAY’EDも飛び込んでくる賑々しい編成で「全速力REMIX」も詰め込み、最後には久保田利伸と絢香も大集合のフィナーレを迎えた。混ぜるな危険、何度でも予定調和を超えてゆく、凄まじいコラボレーションが連発の一夜であった。

 絢香が歌う場面では、オーディエンスに座ってじっくりと聴くよう促したり、MIYAVIに敢えてメロウなギタープレイを要求したり。【908 FESTIVAL】をベストの形で楽しみ尽くすため、KREVAは自身の作品をプロデュースするようにこのイベントを徹底的にプロデュースする。その姿勢がもたらすのは、斬新な音楽の激流に呑み込まれるような体験だ。アーティスト主催の音楽フェスは数あれど、こんなフェスは他のどこにも見当たらない。自己新記録こそが世界新記録。そんなふうに、【908 FESTIVAL】は続いてゆくのだろう。