国内男子ツアー「ISPSハンダマッチプレー選手権」終了時の男子賞金ランキングが発表された。賞金総額が国内ツアー最高額の2億1,000万円となる同大会で優勝を飾り、優勝賞金5,000万円を手にした片山晋呉が70位から4位へと一気に順位を上げた。
128人の頂点に!思わず天を仰ぐ片山晋呉
同大会で片山に破れ、準優勝に終わったH・W・リュー(韓国)は13位から6位に浮上、同大会5位タイの今平周吾は1つ順位を上げて3位にランクアップ。4回戦で敗退した小平智は、3位から5位へ後退した。
また、8月1日に行われた1回戦で敗退、賞金獲得は果たせなかったものの、首位は変わらずチャン・キム(米国)が堅守、2位には宮里優作が続いている。2年連続賞金王を狙う池田勇太は1ランクアップの13位につけた。
【国内男子賞金ランキング】
1位:チャン・キム(78,448,002円)
2位:宮里優作(74,339,107円)
3位:今平周吾(57,385,261円)
4位:片山晋呉(55,351,133円)
5位:小平智(55,016,713円)
6位:H・W・リュー(54,375,118 円)
7位:ショーン・ノリス(42,937,306円)
8位:宮本勝昌(41,030,930円)
9位:スンス・ハン(39,016,726円)
10位:藤本佳則(37,551,986円)
13位:池田勇太(35,481,771円)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

片山晋呉がプロとしてマッチプレー初V!129ホールを戦い抜き、128人の頂点に
片山晋呉“44歳の老体”にむち打ち27ホールの激闘を制す!
ゴルフ通芸能人も驚愕!“世界レベル”の飛ばし屋チャン・キムがイベントで快音連発
大ピンチを何度も救済!片山晋呉に長尺パターを勧めた某プロとは?
クラブ契約フリーの宮里優作、今季2勝のクラブをガラリ “ほぼほぼPING”の理由とは?