プレスリリースより

写真拡大

東洋ゴム工業(兵庫県伊丹市)は2017年9月8日、研究を進めていた空気充てん不要のコンセプトタイヤ「noair(ノアイア)」を開発したと発表した。発売時期は未定。

実用化ステージへ

ノアイアは、空気を内部に充てんすることで荷重を支え、路面からの衝撃を支える「空気入りタイヤ」の構造とは一線を画す。

荷重を支えるために、(1)内側に高剛性の特殊な樹脂スポークを使用(2)スポークと外側のゴムの間にカーボン繊維強化プラスチックを配し補強――するなどの構造を採用。それにより空気を不要とし、当然パンクの心配もない。

試乗テストでは、車内音と乗り心地に課題があったものの、操縦の安定性は過去モデルから大幅に改善。今後は、実用化に向けてさらに研究を進めていくとしている。