負傷交代のGK権田がツイッターで退院報告 「1日でも早くピッチに戻れるように…」

写真拡大

第25節の仙台戦、石原の膝が頭に入り、担架で運ばれて途中交代

 J1サガン鳥栖の元日本代表GK権田修一が11日、自身の公式ツイッターを更新。

 10日に行われたリーグ戦第25節のベガルタ仙台戦で接触プレーにより負傷交代し、担架で病院に運ばれたが、「今朝退院しました」と復帰に向けて一歩踏み出したことを報告した。

 権田がアクシデントに見舞われたのは、敵地・仙台戦の前半11分。仙台のDF古林将太が右サイドから上げたクロスはニアサイドに向かい、権田も素早く反応した。ボールをキャッチしようと滑り込んだが、FW石原直樹に先に触られてゴールを許してしまう。

 その際、石原の膝が額の付近を直撃。権田は仰向けになって両腕で顔を隠したまましばらく動けず、およそ8分間の中断の末、担架で運ばれて途中交代となった。

 Jリーグ公式サイトによれば、マッシモ・フィッカデンティ監督は試合後に「軽い怪我ではないと思うので、大事に至らないように、早く戻ってくるように祈っています」と話したというが、一夜明けた11日、権田はツイッターを更新して自らの状況を説明した。

「ご心配かけました。今朝退院しました」

「応援してくれてる皆さん。ご心配かけました。今朝退院しました」と病院から退院したことを報告。「1日でも早くピッチに戻れるようチャレンジしていきたいと思います」と綴った。

 そして、負傷したクロスへの対応についても言及。「あの怪我したプレー。新しいコーチと共に練習からチャレンジしているプレー。あれを相手の前で触れる速さと強さを身に付けて皆さんの前に戻ります」と新しく取り組んでいるプレーであることを明かし、強くなって戻ってくると誓った。

 ファンも、一日も早くリーグ戦のピッチで権田の元気な姿を見られることを願っているに違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】相手FWの膝が顔面直撃で負傷交代…Jリーグ公式YouTubeチャンネルが公開した権田と石原の交錯シーンを含む仙台vs鳥栖戦ハイライト

https://www.youtube.com/watch?v=_h1VqKHBHVc&feature=youtu.be&t=10s

Jリーグ公式YouTubeチャンネルが公開した権田と石原の交錯シーンを含む仙台vs鳥栖戦ハイライト