水爆実験の成功に寄与した核科学者、技術者のために開かれた宴会(2017年9月10日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮で水爆実験の成功に寄与した核科学者、技術者を祝う宴会が平壌の木蘭館(モンラングァン)で開かれた。金正恩党委員長が宴会に出席した。朝鮮中央通信が10日、報じた。

宴会には、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験の成功に寄与したメンバーが招かれた。また、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ党、国家、軍隊の幹部らが出席した。

金正恩氏は宴会の席上で、「今回鳴らした水爆の爆音は厳しい歳月、困苦欠乏に耐えながら血の代価で成し遂げた朝鮮人民の偉大な勝利である」と強調した。

さらに、「非凡な頭脳を持つ科学者大軍と白頭の革命精神で武装した軍隊と人民、自力更生の闘争伝統があるので、チュチェ革命の最後の勝利は確定的である」と述べた。