メキシコ・オアハカ州のフチタンデサラゴサで、地震のため倒壊したホテル(2017年9月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】メキシコ南部を7日深夜(日本時間8日午後)に襲ったマグニチュード(M)8超の大地震の死者は、10日までに90人に達した。当局が発表した。

 大きな被害を受けたオアハカ州(Oaxaca)フチタン(Juchitan)では、余震におびえる住民らが略奪被害を警戒して自宅近くの野外で寝泊まりしている。
【翻訳編集】AFPBB News