保健所にいた1匹の子猫を家族にした、ろぼろふ(@rbrv86)さん。『みょうが』と名付けました。

可愛らしい小さな家族のため、飼い主さんは立派なケージを用意!みょうがちゃんも、お気に召してくれたようです。

しかしその後、ケージの中にいるみょうがちゃんを眺めていると、目を疑うような出来事が起きたのです…。

「お前…マジか…」

ケージの柵の隙間をくぐりぬけ、見事に脱走!

まだ1.3kgしかないみょうがちゃんにとって、このケージの柵は幅が広かったようです…。

まさかの展開に呆然とした飼い主さん。我に返った後、「このままだと危ないよね」と思い、ケージの扉を外すことにしたそうです。

猫は『頭が通る幅なら抜けられる』っていいますもんね…。ハムスター以上の軟体動物だ…!可愛すぎるから、脱走しても無罪です。まさに子猫あるある!

子猫の『軟体動物っぷり』に、多くの人がビックリ!猫を飼った経験がある人は「あるある」とうなずく人が多いようです。

みょうがちゃんがもう少し大きくなるまでは、脱出を防ぐ方法を考えなければいけませんね…!

[文・構成/grape編集部]