インテル長友、スタメン降格の危機!? コーチがライバルを高評価「ポジティブだった」

写真拡大

第3節のスパル戦、ニースから加入した新戦力のダウベルトがリーグ戦デビュー

 インテルの日本代表DF長友佑都は、10日に行われた第3節の本拠地スパル戦で今季初のスタメン落ちとなった。

 2-0で快勝した試合で出番なしに終わった一方で、ニースから今季獲得したブラジル人DFダウベルトがリーグ戦初出場。アシスタントコーチのマルコ・ドメニキーニ氏は「ポジティブだった」と高く評価しており、長友にスタメン降格の可能性も出てきた。

 8月31日のロシア・ワールドカップアジア最終予選の本拠地オーストラリア戦と9月5日の敵地サウジアラビア戦でフル出場を果たした長友は、スパル戦でベンチスタート。代わりにニースから移籍金2000万ユーロ(約26億円)で加入したダウベルトが先発出場した。

 インテルでのリーグ戦デビューとなったダウベルトは、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディとの連携にこそ課題を残したものの、前半3分に左サイドからクロスを上げるなどアグレッシブなプレーでフル出場。同42分にウォーミングアップを行なった長友だが、結局出番はなく、「お疲れ様」とミックスゾーンでは報道陣に挨拶だけ済ませて会場を後にした。

 試合後の記者会見には、激しいコーチングの影響で声が枯れてしまったルチアーノ・スパレッティ監督の代役として、アシスタントコートのドメニキーニ氏が登場。長友のライバルであるダウベルトのパフォーマンスに及第点を与えた。

ミラノでは「ダウベルトありき」の空気も…

「初めての試合で良いプレーをした。とても若い選手(23歳)なので、チームに融合しなければいけないところは多々ある。しかしながら、ポジティブだった」

 試合当日のイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」では、開幕2試合で先発出場した長友について、「スパレッティ監督が戦術をダウベルトに指導していたため」とスタメン落ちの予想を報じるなど、地元ミラノではインテルの左サイドバックは「ダウベルトありき」という空気も流れ始めている。

 これまで幾多の先発落ちや構想外の危機を不死鳥のように乗り越えてきた長友は、シーズン序盤に訪れたこの試練を乗り越えることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images