川崎フロンターレのMF大島僚太。横浜F・マリノス戦では先制ゴールを決めた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

いぶし銀の輝き放った「球際の強さ」

 優勝戦線への生き残りをかけた大一番で、川崎フロンターレのMF大島僚太が眩い存在感を放った。14戦連続負けなしの横浜F・マリノスを等々力陸上競技場に迎えた9日の明治安田生命J1リーグ第25節で、開始14分に今シーズン初ゴールとなる先制弾を一閃。守っても献身的で、球際も激しい守備で3‐0の完封勝利に貢献した。ハリルジャパンから遠ざかること約1年。怖さを増す「10番」に、大黒柱のMF中村憲剛は「得点力がついてくれば、普通に代表でやれる」と太鼓判を押した。(取材・文:藤江直人)

----------

 ピンチになりかけると、いつも川崎フロンターレの「10番」が戻ってきた。横浜F・マリノスの生命線となる両翼、齋藤学とマルティノスを何度止めたことか。それでも、照れ臭そうに大島僚太は謙遜する。

「ほとんど相手がコントロールミスをしたところを奪ったので。ただ、ああいう場面で抜かれないことは大事。スカウティングでも、相手の特徴はサイドの2人だとわかっていたので。ディフェンスラインの負担が少しでも減れば、という思いで全員に戻る意識が強くあったと思います」

 後半5分にはDFエウシーニョと挟み撃ちするかたちで、マルティノスからボールを奪った。3分後には自陣からカウンターを仕掛けた齋藤から、わずかながらボールが離れた瞬間に狙いを定めてかっさらった。

 圧巻のシーンは同20分。カウンターを発動させたマルティノスから縦パスを受けたワントップのウーゴ・ヴィエイラが、対峙するDF谷口彰悟とDF奈良竜樹をフェイントで振り切ろうとした直後だった。

 ヴィエイラが旋回する方向を予測していたかのように、猛然とプレスバックしてきた大島が体を入れるようにしてカット。そのまま反転して、MF家長昭博へカウンター返しとなる縦パスを繰り出した。

 14戦連続で負けなしだったマリノスを、ホームの等々力陸上競技場に迎えた9日の明治安田生命J1リーグ第25節。上位戦線への生き残りをかけた大一番で、大島の球際の強さがいぶし銀の輝きを放った。

「どちらかと言うと相手のスピードを遅らせて味方が戻る時間を作る、という守り方をいまはやっているので。チームの誰かが戻ればと思っていたなかで、たまたま僕のところに来たので、ボールを取れたという感じですね。ボランチのどちらかがカバーしよう、というかたちでやっていたので」

W杯アジア最終予選に出場も、悔しさ残る代表デビューに

 1年とちょっと前の昨年9月1日。埼玉スタジアムでまさかの逆転負けを喫した、UAE(アラブ首長国連邦)代表とのワールドカップ・アジア最終予選初戦をほろ苦い思いとともに終えた。

 この試合で史上6人目の国際Aマッチ通算100試合出場を達成した不動のキャプテン、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)とコンビを組むボランチとして、A代表デビューを果たした。

 初陣が国際親善試合ではなく、アジア最終予選となるのは前例がなかった。果たして、大島は結果的に失点に絡み、後半30分に原口元気(ヘルタ・ベルリン)との交代でベンチへ下がっている。

「悔しいです。自分の持ち味を出せなかったし、このチームに必要とされているのは守備の部分だと思うので、そこで球際で負けて失点につながることもあった。まだまだだと思いました」

 舞台を敵地バンコクに移した5日後のタイ代表との第2戦では、一転してベンチ外となって2‐0の勝利を見届けた。そして、ハリルジャパンに招集されない日々がいま現在にまで至っている。

「僕ができることを全力でやりたい。それは攻撃の部分においてアクセントをいろいろとつけたいと思っているし、課題の守備というところでも、特徴のある選手が大勢いるので、そういう人たちから盗むことで僕自身の成長につながるのかなと思って日々臨んでいる」

 燃え盛る闘志を静かな口調で覆い隠しながら、捲土重来を期してきた。その姿を間近で見てきたフロンターレの大黒柱、MF中村憲剛は「(大島)僚太の守備は、いつもすごいよ」と目を細める。

「すごいというか、どんどんすごくなっていく。もういい年ですから、やっぱり自覚も出ている。ウチの10番ですから、しっかりやってもらわないと困りますからね」

「いますぐにでも普通に代表でやれると思うので」(中村憲剛)

 1年前に課題としてあげた守備は、長足の進歩を見せている。マリノス戦で見せた球際の強さや献身ぶりは、決して突然変異的なものではない。より高みを見すえ、意識改革に取り組んできた成果でもあった。

 そのうえで、マリノス戦では中村を絶賛させるビッグプレーも飛び出した。開始わずか14分。それまで5試合連続無失点を続けてきたマリノスの堅守に、風穴を開ける先制点を決めたのは大島だった。

 左サイドを複数の選手で崩して、最後に抜け出したMF阿部浩之が低いクロスを入れる。FW小林悠が肩で落としたこぼれ球を、オーストラリア代表のDFミロシュ・デゲネクが慌ててクリアする。

 しかし、デゲネクの体勢が不十分だったからか。小さくなったクリアは、ペナルティーエリアの左隅にいた大島の目の前に飛んでくる。その瞬間、ゴールまでの道筋がはっきりと見えた。

「自分のところですごく時間があったので、落ち着いて決めることができました。いちおうは狙いましたけど、上手く入ったと思います。今シーズンはずっとゴールできていなかったので、周りからも『そろそろだね』と言われていたので。ようやく取れてホッとしています」

 淡々と振り返った大島だが、決して簡単なシュートではなかった。目の前に飛んでくるクリアに、ダイレクトで右足のインサイドを合わせて、なおかつゴール右隅に突き刺す。離れ業と形容してもいい。

 大島に「そろそろだね」と言っていた一人でもある中村は、J1で140試合に出場しながら、通算で5ゴールにとどまっている大島に、ゴールへの意識をより強くもってほしいと望んでいた。

「早くゴールを取れというよりも、取れたら本当にすごい選手になれるので。得点に絡むことがもっとできたら、僚太は本当に日本でもトップの中盤の選手だと思う。いまでも十分に怖い選手だけど、そこに得点力がついてくればさらに怖さが出てくるし、いますぐにでも普通に代表でやれると思うので」

 昨年7月13日、アルビレックス新潟とのセカンドステージ第3節で豪快なミドルシュートを叩き込んだときも、けがでスタンドでの観戦を強いられていた中村は檄を飛ばすように大島を称賛している。

「点を取ったら僚太はいいよ。ゴールに絡めるようになったら、アイツはすごい選手になっていく。アイツはあまり欲がないというか、欲を表に出さないタイプだから」

「これからはすべての選手がアピールする場なのかなと」(大島僚太)

 マリノス戦のゴールシーンでは守備への意識を高く保ちながら、相手ゴール前に顔を出して、攻撃に厚みを加えようとしていた。結果として生まれた一撃がマリノスのリズムを狂わせ、3‐0の快勝を導いた。

 初戦に負けたチームはアジア最終予選を突破できない、という悪しきジンクスを覆し、6大会連続6度目のワールドカップ切符を獲得して、ハリルジャパンは1年間に及ぶ長丁場の戦いを終えた。

 ハイライトとなった8月31日のオーストラリア代表戦では、中盤の陣形は長谷部をアンカーに置く逆三角形型にスイッチ。インサイドハーフには山口蛍(セレッソ大阪)と井手口陽介(ガンバ大阪)が配された。

 ともに猟犬をほうふつとさせる豊富な運動量とボール奪取術に長け、なおかつミドルシュートも得意とする。試合を決めたのはおそらくは歴史上で語り継がれていく、井手口のミドル弾だった。

 一方でハリルホジッチ監督は、対戦相手の特徴によって起用する選手を変えていくさい配をふるう。サウジアラビア代表との最終戦では、インサイドハーフの一角で柴崎岳(ヘタフェ)を先発させた。

 プレイメーカー型の選手も必要とされる状況になってくれば、殻を破りつつある大島も候補の一人に入る資格をもつだろう。大島も自らが舞台に立った、最終予選の行く末をテレビ越しに見守っていた。

「僕が出た試合以降は出ていないので、その意味では何て言うんですかね、ワールドカップへの出場は決まったので、これからはすべての選手がアピールする場なのかなと思います。(代表への思いは)強くなることでもないというか、常にあるものだと思っているので」

 いまは目の前の仕事に集中する。J1では首位の鹿島アントラーズに勝ち点6ポイント差の2位に浮上。YBCルヴァンカップではベスト4に、天皇杯ではベスト16に勝ち残り、13日には準決勝進出をかけた浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦(埼玉スタジアム)に臨む。

「ACLでは第1戦でアウェイゴールを取られているので、戦い方が大事になってくる。その意味でも、マリノス戦を無失点で終えられたのはよかった。リーグ戦は上位を見ながら、食らいついていきたい」

 フロンターレが悲願とする初タイトル獲得を視野に入れながら、中盤を率いる将軍の象徴となる「10番」を託されて2年目になる24歳は強くて怖い選手を目指してゆっくりと、少しずつ進化を遂げていく。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人