元日本代表監督ザッケローニ、今最も気に入っているのはラツィオの選手らしい

写真拡大

『Tuttosport』は10日、「アルベルト・ザッケローニ氏が今季のセリエAについて話した」と報じた。

2014年ワールドカップを最後に日本代表監督を退任し、その後中国超級リーグで短期間指導を行ったザッケローニ。現在はイタリアに戻り、フリーの状況となっている。

彼は今季のセリエAについて以下のように評論し、各チームの状況について以下のように語ったという。

アルベルト・ザッケローニ

「重要なクラブのレベルが上がっているから、これまでの数年以上に厳しい戦いになるだろうね。

トップグループのほとんどのクラブが、2チームを作れる程の選手層を持っている。

ユヴェントスはまだ乱気流に対処するには最高の状況にあるし、誰もが今季も走っていくだろうと思っている。また、レギュラーに選べる選手と契約をした。

昨季、マウリツィオ・サッリのナポリは前半戦で厳しい状況になり、そのツケを支払うことになったね。後半戦で見たものを考えれば、心配するべきところはある。

ナポリには唯一の、そして本当の限界がある。上手く行っている時、熱意が高まっているときには、素晴らしい団結の感覚がある。

しかし難しいときには…我々が昨季見たように、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長とマウリツィオ・サッリ監督の間ですれ違いが出る。それがチームの方向感覚を狂わせる」
アルベルト・ザッケローニ

「インテルは好ましいチームに見えるよ。試合のバランスを変えられる選手がいる。マウロ・イカルディがローマを相手にやったことを見れば、彼は傑出していることがわかる。

このインテルが歴史的なものであることは事実だ。ただ少し不安定だ。望ましくない結果が出た時、全てが変わるかもしれない。

ただ、ルチアーノ・スパレッティはそういうことを経験してきた男だ。彼は何をやればいいのかを熟知しているはずだよ」

(ミランについては?)

「ミランは大きなアドバンテージを得ているね。ユヴェントスとも、ナポリとも違う。彼らはスクデットを期待されていない。4位フィニッシュだ。ファンを満足させるにはそれで十分だろう。

彼らの補強政策は、プレッシャーを高めている。しかし、それはチャンピオンズリーグに入るだけで十分だ。それ以上はなくてもいい。

そしてローマだ。エウゼビオ・ディ・フランチェスコは、あのクラブのこと、ファンのこと、メディアのことを熟知している。選手としてプレーしていた時期にね。それは彼に多くの余裕を与えるだろう。

どれだけのチームがケヴィン・ストロートマンやダニエレ・デ・ロッシ、ラジャ・ナインゴランを狙っていたか。それらの選手が試合を変えられる。

ラツィオについては、守備にいくらかの不安がある。ただ、中盤はとても信頼できるものだね。

セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチは傑出しているし、私なら今夏のマーケットで彼を真っ先に注目しただろう。

来年は4000〜5000万ユーロ(およそ51.5〜64.4億円)で売れるんじゃないかな。正直に言って、レアル・マドリーでもファーストチョイスになれる選手だと思うよ」

(トリノについて)

「トリノはトップ4でフィニッシュできるチームだよ。友人のシニシャ・ミハイロヴィッチにはあまりプレッシャーを与えたくはないけどね。ただ、十分にそれがやれる。成長を続けているよ。

彼らはアンドレア・ベロッティを手にした。誰もが求めるセンターフォワードだ。そして興味深い選手だよ。エンバイ・ニアングのように、リベンジを狙う興味深い選手もいる」