英2部クラブに伝説のジェダイマスターの“加護” クラブとファン熱狂「フォースとともにあれ」

写真拡大

「スターウォーズ」の主人公を務めるハミル氏がSNS上でウルブズファンを公言

 人気SF映画「スターウォーズ」シリーズの主人公ルーク・スカイウォーカーを演じる俳優のマーク・ハミル氏が、イングランドの“意外な”クラブのファンであることを公言。

 クラブとサポーターが「フォースとともにあれ」と熱狂し、英公共放送「BBC」が報じるまでの話題になっている。

 12月15日に公開を待つ「スターウォーズ/最後のジェダイ」で勇姿を見せる伝説のジェダイマスターの“加護”を受けることになったのは、英2部相当のチャンピオンシップで3位につけるウォルバーハンプトンだった。あるファンがクラブの名称である「ウルブズ」が好きかとSNS上でハミル氏に質問したところ、本人は「いいね」と反応。これにサポーターはフィーバー状態となった。

「マーク・ハミルはウルブズ関連のツイートにいいねの反応を続けている。彼はファンなのか? 面白がっているだけなのか? 助けてオビ=ワン。あなただけが頼りです」

 ついにはスターウォーズの名セリフとともに、ハミル氏に真意を訪ねる者も登場。すると、ハミル氏は「今はそうだ。2日前まで彼らのことは知らなかった。ウルブズファンからのツイートにいいねをしたことが理由なんだけど、彼らは僕を家族のように感じさせてくれた。最高だね」とわざわざ返答した。

 これを受け、クラブの公式ツイッターも「フォースの力が強まっている。マーク・ハミル、我々とともにあってくれて最高です」とつづり、ヌーノ・エスピリト・サントス監督が左手を伸ばしながらフォースを発揮するような写真とともに喜びを表現した。中国企業に買収されるなど、急転換を迎える1877年創設の古豪は、ハミル氏の大きなサポートを背に躍進できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images