唐沢寿明に救われたという竹内涼真

写真拡大

竹内涼真が9月10日(日)放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演、「一度死んだ」と話すほどピンチだったときの唐沢寿明とのエピソードを披露した。

【写真を見る】「今まで出した事がない大きい声で謝った」と語った竹内涼真

ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」(2016年/日本テレビ系)に出演した際に、主演の唐沢、窪田正孝、藤木直人、小日向文世といった錚々たるメンバーとの大事なシーンの撮影日だったにもかかわらず、3時間も寝坊をしてしまった竹内。

「携帯見たら充電が切れていて、つけたら(マネージャーからの)着信が82件。着信ありすぎて、充電が切れちゃってたんです。慌てて、お父さんを起こして、ロケ地まで送ってもらいました」

ロケ地の茨城に3時間遅れで到着すると、竹内が遅れたせいで撮影ができずに現場は殺伐とした雰囲気だったとか。

「今まで出した事がない大きい声で、唐沢さんに『すみませんでした!』って謝ったら、唐沢さんが『若気の至りだよ』と笑って言ってくれて」

唐沢のこの一言で、撮影現場も和やかな雰囲気になったという。

竹内は「本当に唐沢さんに救われました」と、振り返った。

東野幸治から「それからは1回も遅刻をしてないの?」と聞かれた竹内は「してないです」と即答。そして「本当に1回死んだんで……」と、改めて反省している様子を伺わせていた。

次回9月17日(日)夜9:00から放送予定。青木崇高、瀬戸大也、東野幸治、ブルゾンちえみ、 ぺこ、宮迫博之、吉高由里子、りゅうちぇる、渡部建が出演。