山崎貴、郷津春奈『ジャック・オー・ランド〜ユーリと魔物の笛〜』表紙

写真拡大

山崎貴と郷津春奈による絵本『ジャック・オー・ランド〜ユーリと魔物の笛〜』が10月2日に刊行される。

【もっと画像を見る(5枚)】

同作は、10月21日と22日に神奈川・横浜アリーナで開催される屋内型ハロウィンイベント『ハロウィン フェス 2017「ジャック・オー・ランド」』の世界観を表現した作品。人間に騙された過去を持つ魔物の王ジャック・オーが、幼なじみの病気を治す笛を手に入れるために魔物の街に訪れた少年ユーリと、ユーリと友達になったゴブリン魔物のコブに試練を与え、2人が試練を乗り越えることで、やがてジャック・オーの人間不信が解けるというあらすじだ。作を『永遠の0』や『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督、イラストをアニメーターの郷津春奈が担当。

あわせて『ハロウィン フェス 2017「ジャック・オー・ランド」』のアンバサダーに神木隆之介が就任することが判明。同イベントのPR活動を行なうほか、自らコーディネートしたハロウィン衣装を着用してステージに登場する。神木隆之介は絵本『ジャック・オー・ランド〜ユーリと魔物の笛〜』について「年に一度のハロウィンに“信じる心”が起こした奇跡。何かを信じ通す事の大切さを教えてくれます。今日、この日、ここでしか出逢えない物語」とのコメントを寄せ得ている。

なお『ハロウィン フェス 2017「ジャック・オー・ランド」』の会場内では「ジャック・オー・ランド城」や「ジャック・オー・ランド列車」、チームラボによる体験アートアトラクション『お絵かきタウン&ペーパークラフト』など様々なアトラクションが展開。詳細は『ハロウィン フェス 2017「ジャック・オー・ランド」』のオフィシャルサイトで確認しよう。チケットは現在販売中。