韓国の気象庁で、人工的な揺れが観測された北朝鮮の場所を指す職員(2017年9月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮外務省は11日、声明を出し、6回目の核実験を行った同国に対する新たな国連安全保障理事会(UN Security Council)決議の採択を目指している米国を非難し、米国があくまで制裁強化にこだわるなら「最大の痛みと苦しみ」を負わせると警告した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

 北朝鮮が3日に行った過去最大規模の核実験に対しては国際社会から強い非難の声が上がり、米国は石油の禁輸、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の資産凍結、北朝鮮製繊維製品の輸出禁止、外国にいる北朝鮮労働者への賃金支払い停止などを求めている。

 米国はすでに、北朝鮮に対するこれまでで最も厳しい内容になるとみられる制裁決議案を各理事国に配布しており、11日に採決したい考え。ただ、中国とロシアは追加制裁に反対している。

 北朝鮮外務省は声明で、米国が「制裁強化の決議なるものを仕立て上げれば、朝鮮民主主義人民共和国は確実にその代価を米国に払わせる」と主張。北朝鮮による報復措置は「米国にその歴史上、最大の痛みと苦しみ」を負わせるものになると威嚇した。

 また、北朝鮮が「米国が想像もしたこともないような強力な措置を連続的に取り、悪らつな米国をおとなしくさせるさまを、世界は目の当たりにするだろう」とも警告した。
【翻訳編集】AFPBB News