色鮮やかな手作りスムージーの写真に食いつく息子

写真拡大

子育て家庭の飲み物事情、みなさんいかがでしょうか。

ゆむいさんの前回のチャレンジ:じゃがいもから「わらびもち」が爆誕!?科学の力で夏のおやつ作り!

我が家はなるべく市販のジュースをあげ過ぎないようと、麦茶と牛乳でやり過ごしています。

それでもやっぱり、子ども達はジュースが大好き!

いつもスーパーへ行くと、「ジュース買って」「甘いのばっかりダメ!」という攻防戦が繰り広げられています。

でも我慢ばかりさせたくない…

健康にもよくて簡単に作れるジュースなら気兼ねなくあげられるんだけどなぁ…と思っていたら、今月のレタスクラブに色鮮やかな手作りスムージーのページが!

早速長男が食いつきました。

そういえばこういうジュース、子どもが生まれる前は時々作っていたのですが、ミキサーを洗うのが面倒臭くてだんだん使わなくなり、ミキサーは食器棚の肥やしになっていたんですよね。

でも、おなじみの「保存袋」を使えば、簡単に「ゴロゴロスムージー」が作れるそう。

子ども達の熱い期待に応えて、今回は3種類とも挑戦してみようと思います!

3種類それぞれの材料はこちら!

★キーウィとりんごのスムージー

 キーウィ2個、りんごジュース(果汁100%)1カップ、はちみつ小さじ2

★トマトとパインのスムージー

 トマト小1個(約100g)、カットパイナップル100g、プレーンヨーグルト1カップ、はちみつ大さじ2

★黒ゴマバナナスムージー

 バナナ小2本(約200g)、牛乳1カップ、はちみつ大さじ1、黒すりごま小さじ2

作業工程はどれも同じで簡単。

1)果物・野菜をそれぞれ細かく刻み、冷凍用保存袋に入れる。

  ハチミツを加え、袋の外側から揉んで、馴染むまで潰しながら混ぜる。

2)袋の口を閉じ、厚みを均一にして冷凍室で4〜5時間冷凍。

3)取り出して、袋の外側から荒く砕き、残りの材料を加える。

  袋の口を閉じ、よく揉んで全体をなじませる。

グラスに注いで、完成!あっという間でした。

どれもハズレなしでした!!

お茶と牛乳しか飲み物のバリエーションが無かった我が家ですが、この3種類が加わったお陰で子ども達も飽きずに過ごせそうです。

そして作る人にとって一番嬉しいのが…

後片付けの楽さ!

面倒なことが無いと、やる気を出すまでのハードルが低いから何度でも気軽に作れますね。

我が家に眠るミキサー、ますます出番を失いました(笑)

作=ゆむい