「初心に帰って謙虚に、誠実に、丁寧に全力を尽くして参ります。そう誓いました」

 8月12日、山口県長門市。首相の安倍晋三は、妻の昭恵と共に亡父・晋太郎の墓を参ると、記者団の前でこう語った。2020年の東京五輪・パラリンピックを持ち出し、長期政権への意欲を隠そうともしなかった昨年の墓参から状況は一変していた。

「仕事人内閣」と銘打ち、3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣。だが直後の各社の世論調査は、内閣支持率が数ポイント回復したものの、おおむね不支持が支持を上回ったまま。「首相が信頼できない」という不支持理由が圧倒的に多く、「反安倍」ムードは収まる気配がない。「こんなもんでしょう」。安倍は周囲にそう強がるが、表向き神妙にならざるを得ない。

 当初、改造内閣のキャッチフレーズは「仕事師内閣」だったが、「仕事しない」と聞こえるため「仕事人」に変更した。だが早速、二階派から初入閣した沖縄北方担当相の江崎鉄磨が看板に泥を塗る。就任2日後に「お役所の原稿を読む」と語り、「やっぱり『仕事しない』閣だ」と、笑えないジョークが官邸内で飛び交った。

 墓参の3日前、安倍は東京・富ケ谷の自宅で盟友、副総理兼財務相の麻生太郎と向かい合っていた。麻生が「これから何をなさりたいですか」と問いかけると、安倍は「憲法改正です」と言い切った。改造直後の記者会見で「(改憲は)スケジュールありきではない」と、秋の臨時国会に改憲原案を提出する方針を軌道修正したばかりだったが、行程表を後ろ倒しにしただけで、改憲への意欲は衰えていないのだ。


安倍首相と、盟友・麻生副総理兼財務相 ©文藝春秋

 つまり、今回の改造の実相は「仕事人内閣」ではなく「安倍三選内閣」。安倍は改憲という悲願達成のため、「急がば回れを選んだ」(首相周辺)。手堅い布陣で経済や外交で成果を出し、支持率を回復させ、来秋の総裁選で3期目の任期を手にし、じっくり改憲に取り組む戦略に舵を切ったのだ。自民党内の改憲取りまとめ役である副総裁・高村正彦の入閣を、一時真剣に検討したことがその何よりの証左である。

 3選に向けた最大のライバルは元幹事長の石破茂だ。今回の内閣改造でとにかく石破を封じ込める――その仕掛けは巧妙だった。

 7月、安倍は麻生を通じて、石破に入閣の意向があるか否かを探った。09年、麻生政権末期に石破から退陣を要求され、「石破嫌い」を公言する麻生を使者に立てた時点で、安倍の本気度は疑わしい。案の定、石破は入閣の意思がないことを伝え、その後周囲に「もし入っても、安倍さんは自由に仕事させてくれないだろう」と漏らした。

 石破の返答を受け、安倍は即座に石破派内の入閣候補者を物色。6回生の後藤田正純ら待機組を差し置いて、まだ3回生で首相政務秘書官・今井尚哉の経産省の1期後輩、斎藤健を一本釣りした。狙いは無論、石破派の分断にある。石破派ではないが、元々石破に近い小此木八郎、梶山弘志も入閣させた。石破は「明らかに俺の手足を縛ろうとしている。ここまでやるのか」と呟くしかなかった。

麻生の「菅外し」

 石破封じ込めと同時に、石破派以外の協力体制も構築しようとする安倍。だが、お友達批判を払拭するためには、縁遠くとも実力ある者を抜擢し、続落傾向の内閣支持率に歯止めをかけなければいけない。そうなると、各派の推薦リスト通りの順送り人事は難しい。

 安倍は迷いに迷った。入閣に当たって政治資金の問題や醜聞の有無を調べる「身体検査」の対象は通常30人程だ。だが今回は派閥領袖の額賀福志郎元財務相や伊吹文明元衆院議長、野田毅元自治相ら重鎮も五月雨式に検査リストに加え、総勢約60人に及んだ。

 結局、細田、麻生、額賀、岸田、二階の5大派閥に党5役を割り振った上で、各派から閣内にも起用。小派閥の石原派からは入閣こそなかったが、森山裕元農相を国対委員長に充て、6派による総主流派体制を演出した。参院からも自民党政権下では最多タイとなる4人が入閣。衆参のねじれがない中では初のことだ。各方面に配慮したため閣僚が13人交代する大幅改造となったが、初入閣は6人にとどまった。


入閣を断った石破茂 ©文藝春秋

 だが、石破封じ込めと総主流派体制の構築に全精力を傾けた結果、最大の問題は放置された。第2次政権発足以来の内閣の要、麻生と菅の抜き差しならない対立である。

 安倍は内閣改造に当たり、早々に麻生、菅ら「骨格」は変えないと表明。しかしながら、加計学園問題を巡る一連の粗雑な対応に、安倍が「菅ちゃんどうしたんだろうね」と漏らし、得心していないのは周知の事実。人心一新をアピールする観点から、菅の官房長官交代論が燻り続けた。

「留任の内示があるのは俺だけだ。菅もまだ内示を受けていない。岸田が外相続投なら官房長官は加藤(勝信)だ。加藤が外相なら菅は留任だろ」

 改造直前の7月31日、麻生は周囲にこんな解説をしてみせた。これには伏線がある。実は麻生は、加藤から「(官房長官でも外相でも)総理に打診された仕事は受けます」という内諾を取り付けて安倍に伝え、「菅外し」の舞台を整えていたのだ。改造前に派閥を拡大させ、「安倍政権を支えるのは俺だ」との自負が強い麻生は、8月1日、官邸を訪れ、安倍に「総理のやりたい人事をしてください」と伝達した。

 だが、蓋を開ければ菅は留任。新たに麻生派に加わった山東派や甘利グループ、谷垣グループの一部からの登用はなかった。麻生が党役員人事で望んでいた甘利明の起用はなく、森英介の幹事長代行や、松本純の国対委員長という希望も叶わなかった。

 片や菅は、加計問題絡みで評判を落とした閣僚の中で唯一留任。事前に副大臣、政務官の人選を安倍から委任されてもいた。改造当日も「人事の相談はされるけど、(自分の処遇は)何も言われていない」と自信満々だった。このため永田町では「今回の『麻生vs菅』は、麻生の完敗だ」(閣僚経験者)との見方が大勢だ。

 だがよく見ると実態は異なる。麻生派からは河野太郎を外相、義弟の鈴木俊一を五輪相に起用、政権の今後を左右する要職に置いたことは間違いない。つまり勝負は引き分けに近い。

 これまでも消費増税延期や解散時期などを巡ってことごとく対立してきた麻生と菅だが、最後は安倍の軍配に従ってきた。しかし安倍の求心力が無くなりつつある今や、2人の対立の暴発を抑えるのに精一杯。危うい勢力均衡によって何とか成り立っているのが安倍内閣の実情だ。

 安倍は12日間に及んだ夏休みも趣味のゴルフや恒例となっていた友人らとのバーベキューを一切封印した。

「内閣改造するほど総理の権力は下がり、解散するほど上る」

 大叔父の佐藤栄作元首相が残した金言の重みを、安倍は休暇中に嫌というほど痛感したことだろう。

軽井沢で角栄の孫が……

「小池さんはどうするのか」

 7月の都議選で歴史的敗北を喫して以降、安倍は何度となく側近に東京都知事・小池百合子の動向を問い合わせている。その小池に近い衆院議員・若狭勝が8月7日、政治団体「日本ファーストの会」を設立したことを明らかにし、小池のパワーを後ろ盾にした国政新党結成へと歩みを進めている。

 小池は「既成政党では民意をカバーできないのが時代の流れだ」と新党結成を支援していく考えを表明。ただ「国政は若狭さんに任せている」として、自らは20年の東京五輪を見据え、都知事にとどまる構えだ。

 8月13日の夜、軽井沢。小池の後見役である元首相・細川護熙の呼び掛けに顔をそろえたのは、側近の衆院議員・木内孝胤、野田聖子の妹で元秘書の島桜子らだ。野田への新党代表の打診含みで7月から計画されていた会食だった。まさかの野田入閣でこのプラン自体は立ち消えとなったが、会食は実行された。メンバーで目を引いたのは、田中真紀子元外相の長男、雄一郎の姿だ。雄一郎はかねてより政界進出の意欲はないとされるが、この5日後に民進党に離党届を出して除名される木内らの、新党の「隠し球」にしたい思惑が透ける。

 一方、新党立ち上げの動きに水を差されたのが、9月1日の民進党代表選だ。共に民主党政権時代の中枢を担った党内の保守派を代表する元外相・前原誠司とリベラル派の元官房長官・枝野幸男。2人の一騎打ちで安倍政権との対決機運を盛り上げようとした矢先の8月4日、党の顔の1人だった元環境相・細野豪志が離党を表明した。

 以前から連絡を取り合っていた若狭から「代表選前に離党しているかどうかで覚悟が違う」と迫られ、1人での離党となった。2人は早速11日に、政権交代可能な2大政党の一翼を担う新党設立との方向性を確認。大都市圏を地盤とする数人が続く予定で、長島昭久、松沢成文とも連携を目論む。

 このあおりで、代表選の争点に小池新党との連携、共産党を含めた野党共闘の是非が浮上。前原は「民進党の名にこだわらない」とする政界再編論者だ。細野は離党前に前原に会い「私が前原さんと小池新党との架け橋になる」と説明している。

 安倍も「小池さんとの連携がどうなるかだな」と代表選後の民進党の動向を見極め、解散戦略を練る考えだ。


安倍総理も動向を気にする小池百合子都知事 ©文藝春秋

 解散に向けた指標となるのが10月22日の衆院トリプル補選だ。いずれも自民党現職の死去に伴うもので、安倍も「一つの取りこぼしもなく全勝できるように」と幹事長・二階俊博に指示するなど動きを活発化させている。

 7選を目指す現職に自民、公明両党が推す新人が挑んだ8月27日の茨城県知事選での勝利の余勢を駆って、小池新党の準備が整う前に、補選に合わせた同日選も与党内で囁かれる。

 ただ、冷静に状況を見渡せば、その可能性は極めて低い。「内閣支持率で不支持のほうが多い現状では、与党候補への落選圧力が高まる」(与党幹部)ためだ。さらに、もう一つ懸念材料がある。加計学園の獣医学部新設を巡り大学設置・学校法人審議会が設置可否の判断を保留し、8月下旬に予定していた文科相への答申が10月下旬以降にずれ込む見通しだ。この問題を決着させないまま解散に踏み切れば、森友学園問題と併せて「モリカケ隠し解散」と叩かれるのは目に見えている。

 自民党幹部は「選挙は来秋の総裁選後だ。そのための内閣改造だった」と言い切る。安倍の真意を感じ取った公明党代表・山口那津男は、一時は早期解散論を示唆していたが、「私が解散風を吹かせているように思われているがそうではない」と一気にトーンダウンした。支持母体の創価学会も、来年後半の衆院選を念頭に置き始めた。

 だが、安倍が地元入りに合わせ40軒近い支持者宅を訪問したことから「補選との同日選はともかく、年内の選挙はあり得る」(首相周辺)と官邸内部からは、依然「年内解散」の臆測が意図的に流され続けている。

 理由は2つある。1つは地に堕ちた官邸の求心力アップと党内引き締めだ。昨年の参院選以降、「衆院解散は18年秋の総裁選後」との相場観が形成され、政府、与党内の弛みや失言を呼び、支持率急落を招いたからだ。

 もう1つは、安倍政権の先行きへの危機感だ。総裁選3選に向け内閣改造であらゆる手を打ったとはいえ、万全ではない。25日には入閣待機組ながら登用されなかった竹本直一、田中和徳、平沢勝栄らが呼び掛け人となった「日本の明日を創る会」が発足し、党内のアンチ安倍の受け皿と目されている。首相に近い議員からは「総裁選で勝利できる保証はない。支持が不支持を上回った段階で解散だ」との声も漏れる。悲願の憲法改正の成就に向け、安倍が取り得る選択肢は少なく、決断を下す猶予もさほど残されていない。

(文中敬称略)

(赤坂太郎)