10日、中国メディアの中国経済網はベネズエラが国際決済システムにおいて人民元を主とした通貨バスケット制を使用すると発表したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年9月10日、中国メディアの中国経済網はベネズエラが人民元を主とする通貨バスケット制を採用すると発表したと伝えた。

ベネズエラのマドゥロ大統領は現地時間の7日、「われわれには人民元、ロシアルーブル、インドルピーがあり、米ドルがもたらす束縛から完全に自由になることができる」と語った。

そして、ベネズエラは国際決済システムにおいて、人民元を主とした通貨バスケット制を使用し、ベネズエラの国際決済システムにおける米ドルの主導的な立場にとって代わることになると発表したという。

これに対し、中国のネットユーザーから「国の通貨価値はその国の経済の実力を示している。中国の強国としての夢だな」と喜ぶコメントもあったが少数だった。

むしろ、「これこそ一帯一路ですね」「また、たかる人が出てきたのか」「これこそATMのパスワードだ」などのコメントや、「米ドルで借りて人民元で返すというのか。なんてずるいんだ」「でも人民元は米ドルに換える必要がある」などの意見が寄せられた。

ほかには、「中国もロシアもインドも、自国ではそうする勇気はないのに」「この政府ももう終わりのようだ」「ベネズエラは外貨準備高が無くなったからな。使える米ドルが無くなったから適当なことを言っているだけだ」というユーザーもいて、深刻な経済危機に陥っているベネズエラに対する厳しいコメントが多かった。(翻訳・編集/山中)