栃煌山を上手投げで下す日馬富士=両国国技館(撮影・早坂洋祐)

写真拡大

 大相撲秋場所初日(10日、両国国技館、観衆=1万816)初の一人横綱となった日馬富士は、危なげなく滑り出した。小結栃煌山を上手投げで仕留めて白星発進。この日は三役以上に次々と土がついたが、「照ノ富士も負けたの? テレビ見ていなかった」と自分の相撲に集中。「緊張でドキドキだったけど、それはいつも同じ。楽しみながら落ち着いていた」と満足そうに振り返った。