画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2017年9月8日(現地時間)、Android版Outlookにアドイン機能を提供開始したことを、公式ブログで明らかにした。アドインを利用するにはOutlook.comおよびOffice 365のメールアカウントが必要となり、Gmailは今後数カ月以内の対応を予定している。同社は2017年2月にiOS版Outlookでアドイン機能のサポートを開始した。

例えば「Wrike」はチームメンバーの作業を可視性を高めることで、生産性の向上を目指すオンラインプロジェクト管理ソフトウェア。「JIRA」はOutlookから直接プロジェクトの進捗状況を追跡し、プロジェクトの問題や関係者のコミュニケーション維持を助けるソフトウェアである。また、「MojiLaLa」はメールにスタンプなどを追加して、ユーモアを演出するソフトウェア。この他にも翻訳ツールの「Microsoft Translator」や、顧客の連絡先を素早く参照する「Dynamics 365」といったアドインに対応する。

阿久津良和(Cactus)