▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは10日、エールディビジ第4節のPSV戦に臨み、2-0で勝利した。小林は4戦連続先発でフル出場を果たしている。

▽前節のADOデンハーグ戦(2-1で勝利)で、今シーズン初白星を飾ったヘーレンフェーン。試合は開始早々、ヘーレンフェーンが先制ゴールを奪う。4分、GKハンセンからのゴールキックのセカンドボールを敵陣中央やや左で拾ったゼネリがボックス手前まで待ち上がると、そのまま右足を振り抜く。これがGKズートの手を弾き、バーを叩いてゴールに吸い込まれた。

▽好調な滑り出しを見せるヘーレンフェーンはさらに6分、小林を経由した自陣でのビルドアップからダムフリースが右サイドを突破。最後はボックス右からのグラウンダーのクロスをグーチャンネジャードが押し込んだ。

▽2点リードしたまま迎えた後半、ヘーレンフェーンにダメ押しのチャンスが到来。73分、右CKの場面でゴール前に走り込もうとしたヘーがボックス内で倒される。しかし、グーチャンネジャードのPKをGKズートに阻まれてしまう。

▽試合を決定づけることができなかったヘーレンフェーンだったが、その後もPSVを寄せ付けず試合終了。今シーズン初の連勝を飾った。

ヘーレンフェーン 2-0 PSV

【ヘーレンフェーン】

ゼネリ(前4)

グーチャンネジャード(前6)