ラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP決勝、アンダーソンに完勝で全仏OPに続く2冠「スペシャルな2週間になった」

 テニスの全米オープンは10日(日本時間11日)、男子シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-3、6-3、6-4のストレートで下し、4年ぶり3度目の優勝。四大大会16度目の制覇となったスペインの至宝は「今年は本当にアンビリーバブルなことが起きた」と振り返っている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

 大歓声が鳴りやまない。マッチポイント。ネット際から渾身のボレーを決めると、ナダルはその場で立ったまま大の字になって感情を爆発させた。天を仰ぎ、しわをたたえた表情に関心の笑みが浮かぶ。いつまでも、スタンディングオベーションが降り注いだ。大会公式ツイッターも動画付きで速報。四大大会16度目の歓喜の瞬間を紹介した。

 感無量だった。今季は全仏オープンに続く、グランドスラム制覇。ロジャー・フェデラーと4大会を2つずつ分け合う形となった。「ロジャー・フェデラーのグランドスラム3冠を封じたのはラファエル・ナダル、『アンビリーバブルでとても感動的』な一年に」と報じた記事では「ナダルはいまやゴルフのタイガー・ウッズと並ぶメジャー大会の常連覇者に」と称賛している。

 記事によると、ナダルは「もちろん、僕にとってスペシャルな2週間になったよ」と振り返り、胸中を吐露した。

「ここ数年は苦難、怪我、不調にぶつかっていた中で、今年は本当にアンビリーバブルなことが起きた。シーズン序盤から感動的なことばかりだ。ここ、ニューヨークで勝ち取ったグランドスラムで今年は終わるが、とてもハイレベルなテニスを披露し続けることができていた」

今大会で退任、叔父のトニ氏に感謝「彼がいなければ、テニスに出会うことなかった」

 31歳にして再び全盛期を迎えつつある事実を受け止めた。さらに、今大会でメインコーチを退く叔父のトニ・ナダル氏に敬意を示したという。

「彼が僕にしてくれたことに対し、僕はいくら感謝しても感謝し切れない。おそらく、彼という存在がなければ、僕がテニスに出会うことはなかっただろう。常に彼のように背中を押してくれる存在がいてくれたことは素晴らしいこと。彼が僕の人生にとって最も大切な存在の1人であることに間違いない」

 二人三脚で歩み続けてきた恩師に感謝の言葉を述べた。

 この日の1998年のシュツットガルト・ジュニア・マスターズで対戦。20年越しのライバルは四大大会決勝で初めて相まみえ、そして倒した。こうした運命めいたものがついてくるのも、ナダルが長いキャリアを誇ってきた証しだろう。

 盟友フェデラーとともに2017年のテニス界を席巻したナダル。若手の突き上げは激しいが、31歳はまだまだ主役の座を譲るつもりはない。