大型ハリケーン「イルマ」に見舞われた米フロリダ州ペンブロークパインズの湖(2017年9月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】大型ハリケーン「イルマ(Irma)」は10日、米フロリダ(Florida)州本土に上陸した。勢力は5段階のうち下から2番目の「カテゴリー2」に弱まったが、気象当局は「生命を脅かす」高潮を引き起こす危険な暴風をなお伴っているとして、警戒を呼びかけている。

 イルマはフロリダ州南端のキーズ諸島(the Keys)に上陸した後、ビーチリゾートのネイプルズ(Naples)に近い州南部マルコアイランド(Marco Island)に再び上陸した。

 米国立ハリケーンセンター(National Hurricane Center、NHC)によると、10日午後5時(日本時間11日午前6時)、イルマは最大風速約50メートルとなお暴風を伴っている。メキシコ湾岸(Gulf Coast)西部方向に進む中、州南部一帯に暴風雨をもたらしており、200万人が停電に見舞われている。

 イルマによる死者はフロリダ州の3人を含めて少なくとも30人に上っている。これまでに600万人に避難命令が出されている。

 NHCは「ハリケーンの目がフロリダ西岸を通過した直後に危険な高潮が予想される」と発表。「これは生命を脅かす状況をもたらす。現地の人は、高潮をはじめとする危険な気象条件から生命と財産を守るため、必要なあらゆる措置を取る必要がある」と警告している。

 一方、近くフロリダ州を視察する意向のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は10日、仮設住宅の建設や家屋の補修など、同州が連邦政府に行っていた緊急支援の要請を承認した。トランプ氏は「今心配すべきは費用ではなく命だ」と強調した。
【翻訳編集】AFPBB News