次々的中!14億円投資家が狙う6銘柄を大公開

写真拡大

 注目した6銘柄の平均上昇率が41%超、うち1銘柄は2.4倍高を達成――。6月15日発売、SPA!増刊号『エンスパ’17年夏号』の袋とじで、個人投資家・横這勝利氏(仮名・40代)が紹介した6銘柄のパフォーマンスだ。横這氏は徹底した企業分析を通じて会社の経営方針を読み、企業へ直接アプローチすることもある個人投資家。現在、運用額は14億円を超え、億トレーダーたちからも一目置かれるスーパートレーダーである。

『エンスパ』で紹介した6銘柄のパフォーマンスを計算した下表を見てもらいたい。

<横這氏が注目した6銘柄のパフォーマンス>

ジーンズメイト[東1・7448]
6月15日終値 382円
期間中高値 927円
8月28日終値 718円
騰落率 142.7%

デュアルタップ[JQ・3469]
6月15日終値 1877円
期間中高値 2512円
8月28日終値 1791円
騰落率 33.8%

川崎化成工業[東2・4117]
6月15日終値 170円
期間中高値 205円
8月28日終値 196円
騰落率 20.6%

アイスタディ[東2・2345]
6月15日終値 1304円
期間中高値 1326円
8月28日終値 1304円
騰落率 1.7%

寺崎電気産業[JQ・6637]
6月15日終値 1190円
期間中高値 1429円
8月28日終値 1382円
騰落率 20.1%

都築電気[東2・8157]
6月15日終値 675円
期間中高値 865円
8月28日終値 834円
騰落率 28.1%

平均41.2%

 アイスタディは取材後に急騰してしまったため、残念ながら発売日以降のパフォーマンスはいまいちの結果だったが、発売から2か月の期間でジーンズメイトの2.4倍高をはじめ、驚異の成績となっている。さすが、14億円トレーダーである。

◆大株主の動向を見ながら負けない銘柄選びを

 今回、編集部は横這氏にアポイントを取り、年末に向けて今から仕込みたい銘柄について取材をした。

「まず、前回の注目銘柄を振り返ってみると、この夏は比較的相場がよく、想定していた好材料も運よく早めに出てくれたりして、うまく時流に乗れたと感じています。成績としては十分すぎるほどの出来でした。今から買う銘柄も基本的には、『これ以上は下がらないだろう』、あるいは『下がってもそれほど損はしないだろう』という割安な銘柄に注目しています。そのうえで、大株主の動向を見ながら『好調な業界か』『株主優待の新設』『昇格による市場変更』『株価対策に前向きか』『親会社からTOBされる可能性』などをイメージしながら銘柄を選定しました」

 横這氏が最初に挙げたのは、平山HD。

「製造業を中心とした人材派遣業の会社です。人手不足から、人材派遣業は好調が続いています。平山HDの株価は右肩上がりを続けていますが、時価総額は23億円、PBRは1.04倍といまだ割安に放置されています。まだまだ上昇の余地はあるでしょう」

●平山ホールディングス[JQ・7781]
目標株価2000円
売買単位 100株
現在株価 1330円
予想PER 11.62倍
実績PBR 1.04倍
配当利回り 2.26%

 精密機器のセクターではあるが派遣業。改正労働者派遣法で小さな規模の会社からなくなり、大手に集約していきそう。株価は急騰したが、まだ割安な水準。

 続いて、会社の経営方針を分析し、株価を上げる好材料、いわゆる「カタリスト」がありそうな銘柄を挙げてもらった。好材料を内包していると期待できるのがオークファン。

「’16年2月に株価2倍高となる急騰劇を演じたのですが、そのとき、資本業務提携や事業拡大を相次いで発表しました。また、’13年には5分割をしたこともあり、経営陣からは少し株価へのこだわりを感じます。横這いも続いていて、ここからの再浮上を期待しています」

●オークファン[東マ・3674]
目標株価1350円
売買単位 100株