フランク・デ・ブール監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 プレミアリーグで早くも今シーズン最初の監督交代が起こるかもしれない。英『ガーディアン』などが、クリスタル・パレスを率いるフランク・デ・ブール監督のコメントを伝えた。

 今シーズンからクリスタル・パレスを率いるデ・ブール監督は、自身初のプレミアリーグでひどいスタートとなった。開幕から4試合を消化して勝ち点ゼロ。そのうえ、得点もゼロである。これはイングランドのトップリーグで92年ぶりに起きた不名誉な記録だ。これを受けて、クラブは本気で監督の交代に動くかもしれない。

 10日のバーンリー戦を0-1で落とした後、同指揮官は「会長やフロントとの関係は非常に良好だ」と強調。「私は自分がコントロールできることに集中する。次のサウサンプトン戦に集中することが、私にできることだ」と述べた。

 デ・ブール監督は2016年にインテルの監督に就任したが、わずか85日で解任された。バーンリー戦は同指揮官がクリスタル・パレス監督に就任することが発表されてから76日目の出来事。スピード解任の自身の記録を更新してしまうのだろうか。

text by 編集部