ペトロビックと娘のマッケンジーちゃん、スカイツリー観光を楽しんだという(撮影:ALBA)

写真拡大

<JAPAN AIRLINES チャンピオンシップ 最終日◇10日◇成田ゴルフ倶楽部(7,157ヤード・パー72)>
大会スポンサーが航空会社の日本航空とあって、前週のカナダから関係者らはチャーター便で来日。大会側の計らいにより都内の超一流ホテルに宿泊し、会場外でも日本を楽しんだ米PGAツアーチャンピオンズの選手と関係者たち。真剣勝負の試合の裏で、なかなか訪れることのないこの国での滞在を満喫したようだ。
優勝したモンゴメリーは美人CAに囲まれスマイル!
大会を24位タイで終えたティム・ペトロビック(米国)は、キャディに娘のマッケンジーちゃん(16歳)を伴って来日した。「娘が東京スカイツリーに行きたいというから(笑)」と、父親としてみれば絶好の家族サービスの場となったようだ。「スカイツリーから富士山も見えるって聞いたの。雪はかぶっているの?」とマッケンジーちゃんから質問攻めにあったが、残念ながら雪はおろか富士山も見えなかったらしい…。また、「銀座は見たこともない高級ブランドだらけだったよ!」とペトロビック。それだけ皆さん、日本の文化やランドマークに興味津々だったようだ。
同時に来日したのが米国からのボランティアの皆さん。合計40人が日本初開催の大会を支えた。1番ティで、いわゆるギャラリー整理をしていたパットさんはシカゴから来日。「ゴルフの大会でボランティアをすること自体が初めてなの。夫がしていたからやってみようと思って」と、初めて尽くしだったが、「こんなにゴルフが楽しいとは思わなかった」と、連日の業務に喜びを感じたようだ。
さらに、「今回の来日にはもう一つ目的があったの。1989年にうちにホームステイした日本人の子がいたんだけど、その子とも今回会うことができて最高に楽しかったわ。割安な金額のツアーにしてもらって感謝だわ」と、翌日の便でシカゴに飛び立つまで日本での滞在を楽しむという。国と国、人と人との結びつきを生み出すという面でも、今回の大会は大成功だったといえるのではないか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

JAPAN AIRLINES チャンピオンシップの最終結果
トップ10に入り意地を見せた倉本昌弘「来年も日程を空けて待っています」
米チャンピオンズツアー出場選手がついに来日!日本流“おもてなし”で必勝祈願も
暴れん坊ジョン・デーリーも生魚は苦手?
ワトソン、デーリーら名プレーヤーたちが安部首相を表敬訪問