ナダルが4年ぶり3回目の優勝[全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」(8月28日〜9月10日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第28シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が対戦し、6-3、6-3、6-4でナダルが3回目の全米優勝を遂げた。試合時間は2時間27分。

第1セットはアンダーソンのサービスゲームから始まった。両者気迫のプレーが続き、お互いにキープの続く展開に。その均衡を破ったのはナダル。第7ゲームをブレークすると、続く第9ゲームもブレークし、6-3で第1セットを先取。

第1セットを取ったナダルは、第2セットも勢いは止まらない。ナダルはネットプレーでポイントを重ね、第6ゲームでブレークする。ナダルの攻撃に翻弄されるアンダーソンは、必死に落ち着いたプレーを展開しようとするも、ボールに対する執着心の強さはナダルの方が上回っており、6-3でナダルが連取。

第3セット、アンダーソンのサービスから始まるが、サービスミスによりいきなりブレークを許してしまう。一方、ナダルのサービスゲームは盤石で、ほとんどポイントを取らせない。アンダーソンも意地を見せ、第5ゲームをラブゲームでキープするが、ナダルの変幻自在のショットには太刀打ちできず、1度もブレークすることができなかった。

ナダルとアンダーソンは過去4回対戦しているが、いずれもナダルの勝利となっており、今回もナダルに軍配が上がった。

ナダルは、全仏オープンに続く今期2度目のグランドスラム、全米オープンでは4年ぶり3回目の優勝。これで生涯のグランドスラム優勝は16回目となり、これはロジャー・フェデラー(スイス)の19回に続く2番目の記録となる。

(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」で3度目の全米優勝を遂げたナダル
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 10: Rafael Nadal of Spain celebrates defeating Kevin Anderson of South Africa during their Men's Singles finals match on Day Fourteen of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 10, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. Rafael Nadal defeated Kevin Anderson in the third set with a score of 6-3, 6-3, 6-4. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)