フランス料理を学び、老舗和菓子屋に嫁いだ若女将、吉村由依子さん(右)と夫の良和さん

毎週月曜夜7時から放送中の「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)。人気番組「プロ野球戦力外通告」「プロ野球選手の妻たち」を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。

京都に200年の歴史を持つ、老舗和菓子屋がある。その名も「亀屋良長」(かめやよしなが)。観光客に高い人気を誇るお店で、老舗には珍しく若い女性客も多い。今夜11日オンエアの主役妻は、そこで24歳から16年間にわたり女将として働いている吉村由依子(ゆいこ)さん(40)だ。

超貴重!老舗和菓子屋に残された伝統の品々!

お店の3階には、200年の歴史と伝統を感じられる品々がたくさん保管される資料部屋がある。まず由依子さんが見せてくれたのはある文書。「これは江戸時代に幕府から、砂糖を使って上菓子を作ることが許されたお菓子屋さんの許可証です」(由依子さん)。

上菓子とは、当時高級品だった砂糖を使い、宮中に納めたお菓子。「亀屋良長」は江戸時代に砂糖の使用を認められていた数少ないお店だった。そして、150年前の和菓子の配合帳、つまりレシピには、明治時代に誕生し、長年このお店を支えてきた代表的な銘菓・烏羽玉の作り方も。お店で炊き上げた小豆のこしあんを丸めて寒天でコーティング。仕上げに「けしの実」を添える。

「亀屋良長」で売られている和菓子は、配合帳を元に、江戸時代からほとんど変わらぬ製法で、全て総勢10名の職人たちが手作りし、今もなお伝統の味を守り続けている。他にも200年前の和菓子の木型や、戦時中にお店に出していたメニュー表、さらに和菓子を献上する際に用いた菓子箱もある。

ただ、由依子さんが女将として送ってきたこの16年は、まさに戦いの連続だった。

夫の病魔、若女将に次々と襲い掛かる壁

始まりは、夫・良和さんとの出会いにさかのぼる。由依子さんは、学生時代から料理好き。趣味が高じて本場フランスへ留学するほどだった。そして大学時代に良和さんと出会った。良和さんは当時25歳で、「亀屋良長」の8代目を継いでいた。

出会いから3カ月、2人はスピード結婚を果たす。これが由依子さんの人生を劇変させた。ほどなく、女将として本格的にお店を手伝うようになった頃、由依子さんは衝撃の事実を知る。会計士から見せられた店の資料で、多額の借金を抱えていることがわかったのだ。

その額は数億円にも上っていた。主な原因は3つだ。まずは在庫の管理を含む生産ラインが整っていないこと。2つ目は新しいお客さんの開拓ができておらず、売り上げが伸び悩んでいたこと。そして店のビルの建築費だった。

「不安でしたね、この先どうなるかって……」(由依子さん)。お店に残る、歴史を感じる品々。この伝統ある和菓子店を自分の代で終わらせるわけにはいかない。

「借金返済のため、自分に何かできることはないか?」。そう考えた由依子さんが着目したのは新規顧客の開拓だった。このお店にたくさんある伝統的な和菓子を、若い人にも知ってもらえば、もっと売れるかもしれない。そのために自身が学んできたフランス料理の知識を和菓子に生かせるかもしれない。


伝統ある技を持ちつつも若者に受け入れられる商品が不足していた。「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)次回は9月11日(月)放送。由依子さんも登場

しかし、老舗の伝統が障壁となる。若者向けの新メニューを古株の職人に提案してみると

「こんなん亀屋さんの京菓子ちゃうわ! わしらは亀屋さんの暖簾を守って和菓子を作ってんのや! 何も分からんヤツが口を出すな!」(職人さん)

と一蹴された。さらに、夫の良和さんに相談すると…

「変えへんことが伝統やねん。変えてしもうたら、昔からのお客さんが離れてまうかもしれんで。簡単に変えられん職人の気持ちもわかるやろ」(良和さん)

味方だと思っていた夫からも、まさかの大反対。全く立ち行かなくなってしまった由依子さん。さらに悪いことは続く。酔って歩いていた良和さんが突然転倒。すぐさま病院で検査を受けた結果、夫が脳腫瘍を患っていることが判明した。


「亀屋良長」は創業200年の歴史を持つ老舗和菓子店

当時、由依子さんは夫が病に倒れて現場を離れている中でも、早朝から開店準備を手伝い、日中は女将としてお店に立つ。そして閉店後は夫の身の回りの世話の為に、病院へ駆けつける毎日を送った。

それでも、老舗の窮地を救うべく「若い客を新たに取り込む」という構想をあきらめなかった。

改革したい若女将 VS 伝統を守りたいベテラン職人

まず由依子さんが目をつけたのは、長年変えていないという商品の見直し。中でも最も売れていなかったのが「懐中おしるこ」と呼ばれる和菓子だった。お湯をかけるだけで、おしるこになる昔ながらの商品だが、売り上げは平均1日2個。1シーズンで200個しか売れていなかったが、これを若者向けにアレンジできないかと試行錯誤を繰り返し、由依子さんにはあるアイデアが思い浮かぶ。

早速そのレシピを職人に見せるが、現在71歳の古株職人、山下さんに断られる。それでも粘り強く頼み続けると、職人さんが折れた。

「じゃあ、1回だけやで」(職人さん)


ベテラン職人の抵抗にもめげず、若女将の奮闘は続いた

由依子さんの誠意が伝わり、「懐中おしるこ」をベースに新商品として試しに作ってもらうことに。するともともと1シーズン200個だった「懐中おしるこ」に対し、新商品の売り上げは同2万5000個にも達した。なんと125倍である。

いったい由依子さんは、どんなアイデアを加えたのか。生まれ変わった新商品は、その名も「おみくじしるこ宝入船」。お湯を注ぐとおしるこが完成するという基本コンセプトこそ従来品と一緒だが、違う点がある。それは、桜、山、紅葉、ハート、亀と、ランダムに入った5種類のかわいらしいゼリーで運勢が占えるという女性のハートをくすぐる遊び心である。

これが若い女性を中心に大ヒットした。これで由依子さんの改革が波に乗ったかと思いきや、長年の伝統を守ってきた大きな山は、そう簡単には動かない。

実際、「おみくじしるこ」だけでは数億円の借金を返せるものではない。そこでさらに、由依子さんは新たなアイデアを思いつく。

それは1年を通して、あまり代わり映えしなかった和菓子になお一層の四季折々の変化をつけること。これも山下さんから猛反対をされながらも、なんとか頼み込んで商品化までこぎつけると、これまた若い女性を中心に大ヒットする。


四季折々の変化をつけることで、若い女性に受け入れられる商品に

季節ごとに変わる商品を目当てに、1年を通してお客さんが来るようになった。夏のこの時期は「銀河」「夏祭り」、秋は「山の幸」など涼しげで色鮮やかな期間限定の品々が、インスタグラム映えする話題の和菓子として若い女性たちの支持を得た。

他にも次々とヒット商品を連発し、業績が大幅に回復。今から1年半前には店舗を全面改装するまでになった。

ベテラン職人も若女将を認めた!

由依子さんとバトルを繰り広げてきたベテラン職人・山下さんご本人に話を聞いてみると、「アイデアがズバ抜けているんですよ。僕らが思いつかないようなことを、ばっと言うてくれんですね。認めざるを得ませんよね」(山下さん)

そう、今、2人の関係は


由依子さんの切り盛りで老舗和菓子屋は新しい方向性を打ち出した。「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)次回は9月11日(月)放送。由依子さんも登場

「また喧嘩せぇいうとんか?(笑)」(山下さん)

「仲いいですよね。めっちゃ怖かったですけど…」(由依子さん)

「根はやさしいやろ」(山下さん)

「根はやさしいけど、それが分かるまでが怖かった」(由依子さん)

「その時は素直になれへんかってん。由依子さんのおかげで凄く変わったし。むっちゃ救われたね!」(山下さん)

お互いを認め合い、笑顔で話し合える仲に。由依子さんの頑張りで復活した亀屋良長。今ではご主人の良和さんも脳腫瘍から元気に復帰した。200年以上続く老舗の和菓子屋さんは、女将とご主人の二人三脚で今もなお、進化し続けている。