モナコ戦のセリ

写真拡大

ニースのMFであり、今夏FCバルセロナが獲得に興味を示していたジャン・ミシェル・セリは今週末に行われたモナコ戦(4-0)で最も輝いた選手の1人である。ニースは開幕3連敗を喫していただけに、この試合結果は驚くべきものだった。

セリはフラストレーションのたまるバルサの移籍話についてこの貴重な勝利の後に言及している。

「この移籍話は自分にとって影響のあるものだった。なぜなら選手として、これは夢だったから。しかし、それによって不安定にはなっていない。我々は今日、この試合に勝つことができた。それは我々が強いメンタリティーを持っているということである。すでに次に向かって動き出しており、バルサについては過ぎたことである。今はニースに全力を捧げなければならない。このクラブは多くのことを自分に与えてくれた。そして、ファンはいつも自分とチームをサポートしてくれている。リーグ・アンで大きなことを成し遂げたい。再スタートを切るにあたって今日のような結果以上に良いことはない。ナポリにチャンピオンズリーグ・プレーオフで負け、本戦出場が叶わなかったのは残念であり、その結果、我々はリーグ・アンで3連敗を喫してしまった。再び顔を上げていかなければならない。」