リヴァプール、ひやり…FWイングスが途中交代に

写真拡大

2015年にリヴァプールに加わったFWダニー・イングス。だがその後、負傷により2度に渡る長期離脱を経験している。

その彼がU-23チームの試合に出場するも、36分で途中交代になった。

再び故障してしまったのかという不安が流れるなか、クラブは彼の状態について発表を行った。

それによれば、予防的な交代だったとのこと。トップチームのスケジュールがタイトになっているため、(再び離脱しないよう)イングスには相当な注意を払っているという。

ニール・クリッチリー(リヴァプールU-23監督)

「何よりも予防的なものだ。

彼はかなり早い時間帯で違和感を感じていた。我々はダニーについていかなるリスクも冒さないし、トップチームには多くの試合が控えている。

彼をチェックし、(状態を)評価する。とはいえ、大丈夫だと確信しているよ」

今季まだトップチームでの出場はないイングスだが、U-23では4試合でプレーしている。