酒井宏樹【写真:Getty Images】

写真拡大

【マルセイユ 1-3 レンヌ リーグアン第5節】

 現地時間10日に行われたリーグアン第5節でマルセイユはレンヌをホームに迎え、1-3で敗れた。DF酒井宏樹は先発出場したが、38分に交代している。

 日本代表に招集されていた酒井を休みなしで起用したマルセイユは、厳しい立ち上がり。開始2分、左サイドを突破されてクロスが入ると、ハズリにヒールで決められて先制を許す。10分にはブリジョーの弾丸ミドルで追加点を許し、いきなり2点を追う展開となった。

 その後も主導権を握ったのはアウェイのレンヌ。ここまでリーグ戦未勝利なのが不思議なほどパスがつながる。

 するとマルセイユベンチに動き。38分、特に負傷した様子などはなかったが、酒井が交代を命じられた。

 それでも状況は改善せず、70分にレンヌが勝負を決定づける。セットプレーでニャニョンのゴールが決まり3点差になった。

 マルセイユは87分にサンソンのゴールで1点を返すのが精一杯。1-3で敗れ、前節モナコ戦に続く連敗となっている。

【得点者】
2分 0-1 ハズリ(レンヌ)
10分 0-2 ブリジョー(レンヌ)
70分 0-3 ニャニョン(レンヌ)
87分 1-3 サンソン(マルセイユ)

text by 編集部