シェアリングテクノロジーは、国内線航空券の横断検索予約サイト「ソラハピ」を、12月より新たに展開する。

申し込んだユーザーに代わって、シェアリングテクノロジーが航空券を手配する、手配旅行事業を行う。システム開発費は2000万円(税別)、サーバー保守費用は1440万円(同)となるとした。また、ジェットスターグループが販売している、航空券購入用の旅行予約販売システムを導入することで、アーク・スリー・インターナショナルと基本契約を締結している。

経済産業省の調べでは、2014年から2015年にかけて、B to Cの電子商取引(EC)での市場規模は9.7%増加している。シェアリングテクノロジーが既存事業で培った広告ノウハウを活かして運営することで、収益性や企業価値の向上につながるとした。